お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


冷凍食品の日

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

10月18日は「日本冷凍食品協会」が制定した「冷凍食品の日」です。…なぜ10月18日なのでしょうか。10月の「10」は、冷凍の「トウ」。そして「18」は、冷凍食品の管理温度である「マイナス18度以下」に由来しています。このマイナス18度は世界共通であり、家庭で保存する際にも、意識するといいかも知れません。

日本で最初に冷凍食品が作られたのは、大正時代の1920年。およそ100年前になりますね。初めて冷凍された食品は、マグロ、ブリ、サバ、イワシなどの「魚」。輸送の保存のためだったそうで、いわば業務用です。一般向けで初めての冷凍食品と言えるのは、「イチゴ」。 シロップに漬けたイチゴが、冷凍されて売られたそうです。果物を凍らすというのは古くからあったんですね。

現在のように冷凍食品が一般的になったのは、高度経済成長期以降、冷凍冷蔵庫が一般的に普及してからとなります。日本で冷凍食品が広まったきっかけは、1964年に行われた東京オリンピックの、選手村の食堂。多くの冷凍食品が使用されて、好評だったことだと言われています。
現在、冷凍食品は2極化が進んでいます。1つは、袋から出して温めるだけでそのまま本格的な味わいが楽しめる、プレミアム系の冷凍食品。独り暮らしの方には頼もしい存在ですね。 もう一方は、カットした野菜など、「食材」として使用できる冷凍食品。アレンジをすると手早く料理を作れ、カロリー計算もしやすい。マイナス18度以下では、ほとんどの細菌が活動できないため、保存料を使用する必要がないというのも大きいですね。

ちなみに人気ランキングでは「餃子」「チャーハン」などが上位ですが、生産量1位は「コロッケ」だそうです。家庭で全部作るのは、なかなか難しいですからね。


TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。