お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】「『奇跡の生還』を果たした男は漂流民の子孫だった!?」 探検家・角幡唯介さん(後編)(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」・袋とじ10月13日放送分)

荻上チキ Session-22

NEW_2500_1100_SS22_OUT
TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

2016年10月13日(木) Session袋とじ(毎週木曜、23時40分頃~)

今夜から新コーナー「Session袋とじ」が始まります。
先月まで放送していた深夜12時からのミッドナイト・セッションのDNAを引き継ぎ、
ゲストをお招きして、音楽や本、映画などカルチャー関連の話題を中心に伺うコーナーです。

探検家でノンフィクション作家の角幡唯介さん登場(後編です)

DSC08071

角幡さんは1976年生まれで、探検家・ノンフィクション作家として、
『雪男は向こうからやってきた』や、
『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極』など
多数の著書があります。
今夜は、そんな角幡さんに、1994年、37日間におよぶ漂流から
「奇跡の生還」を果たした漁師、そして沖縄の漁師の歴史などを追った
ノンフィクション作品『漂流』について伺いました。

===============================
「荻上チキ・Session-22」
TBSラジオで平日午後10時から生放送!
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ。
===============================