お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


コロンブスとたまごデー

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

今日10月12日は、「たまごデー」と呼ばれる日です。
実は、これとは別に「いいたまごの日」という記念日もあるんです。
こちらは、11月5日で、「いい・たまご」の語呂あわせから、日本養鶏協会が制定したそうです。
では、今日10月12日の「たまごデー」とは、いったいどんな日なのでしょうか。

「たまごデー」と関わりがあるのは、大航海時代の探検家・コロンブスです。
コロンブスは、1492年に、スペインの港を出港。
当時は、ポルトガルの舟が東回り航路でインドを目指していましたが、コロンブスは、西回りで目指しました。
この航海で、彼は「新大陸の発見」という偉業を成し遂げます。
しかし、そんな彼を妬んだ人が、こんなことを言いました。

「航海中にたまたま見つけただけだろ?そんな発見、誰でもできるよ」。

そこで、コロンブスは、「これをテーブルに立たせてください」と嫉妬する人に、卵を差し出します。ところが、卵はころりと転がって、なかなか立ってくれません。
できる者は誰もいないとわかると、コロンブスは、卵の端をクシャっと割って、テーブルの上に立てました。
簡単にできそうなことでも、最初に行うのが大変なんだということをこうしてみんなに示したのでした。

この有名なエピソードにちらんで、コロンブスの新大陸発見の日が「たまごデー」と呼ばれるようになったそうなんですが……
どうやら、実話ではないようです。
このエピソードは、イタリアの伝記作家が書いた文章の中に出てくるそうで、「コロンブスの偉業をたたえるために、作家がつくった話である…」という説が有力だそうです。
     
とはいえ、「コロンブスの卵」は、協訓にしたいエピソードです。
新しい発想で、新しいことに、どんどんチャレンジしたいものですよね。


TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。