お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


日本の小江戸

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

江戸幕府の中心であり、粋な文化が花開いた【江戸】。
日本には、この【江戸】に【小さい】という字がついた【小江戸】と呼ばれる場所がいくつかあります。

小江戸とは、町並みや風情が江戸に似ているところ。
江戸時代の雰囲気を残す建物や、文化が残っている街をこの愛称で呼ぶようです。

観光地として大人気の【小江戸】といえば、埼玉県の川越市。
江戸時代には川越城の城下町として栄えた街です。
かつては、江戸と川越が、舟の行き来で繋がれ、
人や物が頻繁に運ばれていたので、江戸文化もたくさん伝わってきました。
いまも”蔵造りの町並み”がのこり、江戸の風情を感じることができる川越。
古いものを残しているだけではなく、お菓子屋さんがずらりと並んだ菓子屋横丁や、人力車に乗っての観光、
そして忘れてはいけないのが、川越のシンボル「時の鐘」。
江戸時代のはじめごろに作られ、城下町に時を告げてきた鐘です。
火災にあって、建て替えも行われてきたそうで、現在建っている鐘楼は、四代目にあたるそうです。

では、次の【小江戸】千葉県香取市の佐原。 
利根川水運の拠点のひとつ……ということで、やはり舟の行き来から、江戸の影響を受けた街です。
ここには、古い乾物屋さんや油屋さん、旅館など、歴史を感じさせる建物が残っています。
また、江戸時代に日本地図をつくった、伊能忠敬ゆかりの地としても知られています。

そして、まだまだありますよ、風情ある【小江戸】。
・栃木県栃木市。
・滋賀県彦根市
・千葉県いすみ郡大多喜町
いずれも、かつての城下町や宿場町で、江戸の雰囲気を残しています。

いかがでしょうか……秋のお出かけ、歴史と文化がいっぱいの、【小江戸】をたずねてみませんか?


TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。