お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


古い入れ歯が世界を救う

人権TODAY

毎週土曜日「堀尾正明+PLUS!」内で8:15頃に放送している「人権トゥデイ」。
様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。

古い入れ歯が世界を救う

埼玉県坂戸市に「不用になった入れ歯」を集めている
「日本入れ歯リサイクル協会」というNPO法人があります。
そのまま再利用するわけではなく、価値のある金属を
「入れ歯」から取り出すんです。

「日本入れ歯リサイクル協会」に集まってきた「入れ歯」

「日本入れ歯リサイクル協会」に集まってきた「入れ歯」


「日本入れ歯リサイクル協会」代表理事で、歯科技工所を経営する
三好勇夫さんの説明によりますと、 保険外の高価な入れ歯だけでなく、
保険が適用される「入れ歯」の金具や歯のかぶせもの、
詰め物などには「金銀パラジウム合金」がよく使われています。

平均「5グラム」ぐらい使われていて、
1個2500円~3000円くらいになるようです。

三好さんは去年、近くにある取引先の明海大学歯学部の
教員の方と雑談していた時、
「ただゴミになるのは、もったいない」とアイデアがひらめきました。

そして去年の12月、大学や歯科医師らの協力を得て、NPOを設立したんです。
「入れ歯」をリサイクルして得られる収益は戦争や
貧困に苦しむ世界の子どもたちのためにと、
事務経費を除いて全額、「日本ユニセフ協会」に寄付しています。

入れ歯は合わなくなって2年半から3年で作り直す方が多いとみられます。
三好さん達は、厚生労働省の統計や歯科治療の現状から、
少なく見積もっても50億円分の価値がある入れ歯が、
毎年捨てられていると推計しています。三好さんは

三好さん
『 とにかく捨てられるのを防ぎたいんです。
 それが世界のこどもたちに役に立つんだという認識を
 皆さんに持ってもらいたい』

と話していました。

送ってくる「入れ歯」には手紙が添えられていることが多く、
「入れ歯の行き先が見つかった安心感」や
「役に立つことへの喜び」が綴られています。

「日本人は優しい気持ちの持ち主が多いなあ、とあらためて感じました」と、
三好さんは話していました。

これまでの半年間でおよそ5000個の入れ歯が集まっていて、
3月末までの段階で「日本ユニセフ協会」に330万円を寄付したそうです。

代表理事の三好勇夫さんの下には毎日多くの電話がかかってくる

代表理事の三好勇夫さんの下には毎日多くの電話がかかってくる


三好さん達は「回収箱」を置かせてもらえる歯科医院や
高齢者の集まる公共施設などを探しています。
また、自治体の中には、役所に回収ボックスを置くことを
前向きに検討している所もあるそうです。

「リコー」のグループ企業で、社員およそ700人の「リコーリース」では、
「環境・社会貢献推進室」が電子掲示板を使って先日、社員に
「不用になった入れ歯があれば」と、呼びかけたところだそうです。

集めてくれる自治体や企業が増えていけば、三好さん達の負担も減るし、
「入れ歯リサイクル」の輪をもっと広がって行きそうですね。

問い合わせ先は「日本入れ歯リサイクル協会」
0120-24-1083(フリーダイヤル)

<関連情報・お問い合わせ先>
日本入れ歯リサイクル協会
http://www.shokuiku.or.jp/station/