お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


MASACA!夜中の2時からのパーティー、その会場は…三枝成彰さん(作曲家)part1

コシノジュンコ MASACA

TBSラジオで日曜17時から放送中の『コシノジュンコ MASACA』
コシノジュンコが今、気になる人をお招きしお話を伺います。
2016年2月28日(日)は、作曲家の三枝成彰さんをお招きしました。

MASACA!夜中の2時からのパーティー、その会場は・・・

ゲスト:三枝成彰さん(作曲家)part1

出水:三枝さんとジュンコ先生は古くからのお付き合いだと聴いておりますが、出逢いはどちらですか?

三枝:仕事ではヤマトタケルだと思うんだけど、その前から存じ上げているから40年くらい・・・

JK:でもねえ、私ねえ、オペラに目覚めたのは三枝さん。やっぱりねえ、オペラに縁が無かったのにヤマトタケルのお話があって、その時の打ち合わせでオペラについて何時間お話聴いたかしらね。もう止まらない。一日中喋るくらい。

出水:いいじゃないですか!

JK:私もね、ただ舞台衣装っていうよりも、、、、ごめんなさいね、最初わたしがお話して、、、ヤマトタケルは国技館でやったんですよね。

三枝:両国国技館で1989年に初演されたものですね。

JK:リハーサルで最初行ったんですけど、両国の駅から歩いて。今日何あるんだろう?というくらい沢山の人がどんどん行くのね。今日は確かリハーサルって聴いていたのに、なんかどんどんイロイロな人が(国技館に)入っていくから、何だろうって思って行ったら、その人たちが全員合唱団の人だったのね。1万人コンサートの半分が合唱団の人で、お客様が半分よね。私、圧倒された。凄さに。

出水:凄いですね5000人の合唱団を率いて、ヤマトタケルを上演したという。前代未聞の・・・・。

JK:あれから凄い、コンサートって、凄い事の始まりじゃないですかね。

出水:1989年からご一緒にお仕事をされていたということですが、ヤマトタケルはオペラではなくて、オラトリオって書いてありますが、オラトリオって何ですか?

三枝:演技が伴わないオペラですね。

JK:だからじーっとしているわけですよね。歌は歌うんだけど、あまり動作もしないで、だから1メートルの台に登っても大丈夫なの。前代未聞です。

出水:ジュンコ先生、オペラをよく観に行かれるということでしたけど、先日も三枝さんの・・・

JK:そう、ジュニアバタフライ。

出水:ご覧になったということで。

三枝:最初のイタリア公演のときはジュンコ先生の衣装でやりましたね。

出水:このジュニアバタフライというのは、プッチーニの名作「蝶々夫人」の、その息子の人生を通して、なぜ戦争は起きてしまうのかと言う大きなテーマに取り組んでいるということです。

三枝:えぇ、そうです。

出水:2004年に東京で日本語版として初演されまして。2006年にプッチーニ音楽祭の招待を受けてイタリア語の字幕をつけて上演されたという。

三枝:そうですそうです。

出水:このときジュンコ先生は衣装を造られたんですか?

JK:丁度ピサの斜塔の近くでプッチーニが、蝶々夫人の大成功した日っていうのが5月28日で、三枝さんが言ったのはプッチーニフェスティバルですね。8月。あそこって湖のほとりだから、夜寒いんですよね。

三枝:寒いんでね。

JK:私ね5月28日、ドミンゴさんが指揮した時に行ったんですよ。もう寒くて寒くてね。

三枝:夜は寒いですね。

JK:で、終わったのが2時ころ。

出水:え!2時?

三枝:だいたい2時頃までやっていますね。

JK:それからパーティーがあるんだけど、隣りにオルランドさんっていう伯爵夫人が住んでて。その人から支援されていたんですよね、プッチーニさん。だからあそこに別荘があって、そこで作曲していたでしょ。パーティーはそこなんだけども、リューって、トゥーランドットのお手伝いさん。あそこはオルランドさんのお手伝いさんなんですよ。それで、リューは行ったり来たりするじゃないですか、大好きなプッチーニさんのために。そのうちプッチーニさん大好きになって、憧れて、それで奥様が凄いね・・・

三枝:嫉妬したんですよね。

JK:嫉妬して、リューは自殺したでしょ。

三枝:そうですね。

JK:それで流れてきたのが、自分の船着場に流れて来たんですよ。その船着き場のところでパーティーなんですよ。夜中の2時3時で、すごい不気味でね。

出水:不気味に思えたわけですね(笑)

JK:本物のストーリーがあるから。

三枝:トゥーランドットはリューのためのレクイエムと言われているんですよね。

出水:そうなんですか。

JK:最後まで書けなかったわけでしょ。

三枝:そう。リューが死んだところで終わっちゃっているから。その後の話は、アルファーノという弟子が書いていまして、あの話は、ストーリーはあれから展開するはずなんですよね。

JK:その続きを書いたらどうですか?

三枝:あれはね。イタリアの法律で、変えることはまかりならないんです。

JK:そうですか!

=2016年2月28日(日)オンエア楽曲=

  • M1. サムライ / Drum Tao
  • M2. プッチーニ: トスカ, 第2幕 – 歌に生き、愛に生き / Maria Callas

TBSラジオ「コシノジュンコ MASACA」は日曜日17:00 – 17:30放送中。
AM954kHz、FM90.5MHz。パソコンやスマートフォンでは”radiko”でもお聞きいただけます!是非、お聞きください。

ピックアップ