お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


【浜内千波の直伝】 スーパーでの野菜選び、どこ見ればいいのか問題に結論 【音声あり】

ジェーン・スー 生活は踊る

夏に台風が相次いだ影響で、生活に身近な野菜の価格が高騰。でも、買うならせめて失敗はしたくはない…ということで、各メディアで大人気の料理研究家・浜内千波先生に「秋野菜を上手に選ぶポイント」を教えていただきました。

20160930sukore

「“白菜”は黒い斑点が多いものほどおいしい!」

▼黒い成分の正体はポリフェノール。うまみがある証拠。
(バナナも同じで、黒い斑点が出てからが、おいしいですよね)
▼頭の部分を押してみて、ぎっしりと葉が詰まっているものも良いです。
バウンドするものはまだ成長しきっていないんです。
▼また、外側の緑色の葉に栄養素がたっぷり入っているので捨てないように。
(食べる際は、少し硬いので、細く切って炒めたり煮込みましょう)

「“長ねぎ”は、青い部分がより多いものを選びましょう」

▼青い筒状の部分の本数が多いもののほうが、白いところの巻きが強く、いいものが多いんです。
▼さらに、青と白の境目を触って、しっかりしているかもチェックしましょう。
▼食べるときに外側を一枚剥がすどうかは、乾燥しているかどうかで判断。
外側が乾燥しているようなら剥がして、していないならそのままでOK。

「“れんこん”は、表面が黒ずんでいないもの、切口が白いものがよい」

▼空気に触れているとすぐに黒ずんでしまうので、しっかりとパッケージされているものを選びましょう。
▼切り口が黒ものは時間が経っている証拠。白いものは切たてなので新鮮。

「“大根”は毛穴が真っすぐなものを選びましょう」

▼ひげ根の毛穴の数が少なく、毛穴がまっすぐ並んでいるものは鮮度が高い。
らせん階段のようになっているものは、水分が抜けている証拠。
▼できれば大根の下の根の部分が残っているほうが鮮度が高い。
▼ちなみに大根は上の方が甘く、下の方が辛いんです。

「“たまねぎ”は、頭の硬さがしっかりしているものを選びましょう」

▼頭を押しても、硬さがしっかりしているものが良いですね。
▼やわらかいものはしっかり乾燥できていないので、腐っている場合もあります。
▼芽や根っこが伸びているとうまみが出て行ってしまうので、伸びていないものを選びましょう。

「“にんじん”は、すべてが赤いものを選びましょう」

▼赤い部分が多いにんじんはベータカロチンが多いんです。
▼また、根元の葉の部分の直径が狭い方が甘くおいしいにんじんです。

「“じゃがいも”は、デコボコしていないものを選びましょう」

▼デコボコなのはストレスを感じている証拠。ツルツルしたものを選びましょう。
▼また、冷蔵庫で保存すると糖質がデンプンにかわり甘みが増えます。

料理並みの手際の良さでチャッチャと回答する浜内先生、さすがでした…

TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』は月~金の11:00~13:00生放送。
AM954kHz、FM90.5MHz他、PCやスマートフォンはradikoでも。
聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドで聴けます。
■ メッセージや悩み相談の宛先:so@tbs.co.jp (読まれたらステッカー等進呈)
■ 公式HP:www.tbsradio.jp/so/ (番組情報や選曲リスト等)
■ 公式Twitter:@so954905 (日々のお知らせ)
■ 公式Instagram:so954905 (生活情報の取材裏フォト)
■ Facebookページ:seikatsu954905 (番組情報と写真)