お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


【専門家が解説】火災保険・地震保険は、地域のハザードマップを見て決める【音声あり】

ジェーン・スー 生活は踊る

火災・地震・水害etc.一体どの保険に入ればいいのかお悩みの方へ…。ファイナンシャルプランナーの飯村久美さんに「火災保険と地震保険」について聞きました。

火災保険と地震保険、やっぱ両方入った方がいいの?
▼火災保険で補填されるもの…火災、落雷、破裂・爆発、風災による損害
▼地震保険で補填されるもの…地震、噴火、津波を原因とした損害
▼地震で起きた火災に関しては火災保険では補填されない
▼地震保険だけ入りたいと思っても、単独の加入はできず、火災保険とセットにしなければいけない

家の中にあるものが壊れちゃったときの、保険は?
▼火災保険は「建物」だけでなく、「家財」にもつけることが可能。生活全般に適用される保険。
▼火災保険の申し込み時に、「建物のみ」「家財のみ」「両方」を選択可能。
※家財の中でも、自動車、現金、切手、有価証券、プリペイドカード、動植物、データ、ソフトウェア等は対象外
※建物の補償と区別するために「家財保険」と呼ばれることもあるが、火災保険の目的の中に家財がある
▼保険会社によっては、世帯主の年齢と家族構成で、保険金額のおすすめプランが出ている
▼ただし、燃えにくいマンションなどであれば、そこまで家財の補償にお金をかけなくてもよい

火災保険、地震保険は自宅周辺のハザードマップをチェック!
▼我が家に起こりそうなリスクを把握して、必要な補償ができているかをチェック
▼自宅の近くで水害の可能性が高い場合は、それ用の保険を(水害のリスクは火災保険の中の水災の補償が必要)
▼ハザードマップは国土交通省のHPに掲載されています

火災保険のオプションはどんなものがあるの?
▼個人賠償責任特約・・・本人もしくは家族が他人に怪我をさせたり、物を壊した場合の補償
▼類焼損害特約・・・自宅からの火災で他人の家が燃えてしまった場合の補償

保険選びの参考にぜひ。
生活は踊る20160928