お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


心を写す[写真の力」

人権TODAY

毎週土曜日「堀尾正明+PLUS!」内で8:15頃に放送している「人権トゥデイ」。
様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。

心を写す[写真の力」

東京都庁本庁舎の展望室で、9月8日から11日まで、
「こころを写す 写真の力 チャレンジド写真展」が開かれました。

「チャレンジド」とは、病気や障害など様々な困難を抱えながらも
チャレンジ=挑戦を続けて生きていこうという人たちのことです。

都庁本庁舎の南展望室で開かれた 「チャレンジド写真展」

都庁本庁舎の南展望室で開かれた
「チャレンジド写真展」


「チャレンジド写真展」に展示されているのは、
病気や障害を持つ人たちが自分で撮った写真です。

写真を撮ったり、撮った写真について語り合ったり、写真を加工して楽しんだり。
そういう時間を通して、心も身体も元気になってもらおうという
「写真療法=フォトセラピー」の活動の中で生まれた写真なんです。

例えば、長野県立こども病院に長期入院している子供たちが
子供同士や病院のスタッフ、病院の中や外を撮った写真。
「こども病院」でフォトセラピーの活動を行ってきた酒井貴子さんは

酒井貴子さん
『 写真は、写す人が何か、これいいなあ、と感じるから
 シャッターを押すものですから、その方の気持ちや考え方が写りこむんです。
 そして、とにかく自由に表現することが大事なんです。
 ピンボケでも、ぶれているのでも、全てその子の個性とか感性とか
 表現ですから、それを、ああここがいいねえ、ここがすてきだねえ、
 と褒めて認めることで、子供たちは自信をつけて、元気になっていくんです』

と話します。
子供たちには自分の言葉で、撮った時の気持ちを
話してもらったりもするそうです。

輝いて生きている姿が伝わってくる様々な写真が展示されました。

輝いて生きている姿が伝わってくる様々な写真が展示されました。


酒井さんは「こども病院」の他、病院の緩和ケア病棟、フリースクールなど
様々な場所でフォトセラピーの活動を行ってきました。

その一つ、東京・大田区の養護老人ホーム「池上長寿園」の
皆さんが撮った写真も展示されました。
そして写真と一緒に、「スクラップブッキングアルバム」も展示されたんです。

平均年齢85歳ぐらいの方々に写真を撮ってもらっているんですが、
撮ったらその場でプリントアウトして、色画用紙の上に貼り付けます。
そして、周りに飾りのリボンやボタンを貼り付けたり、
自分の気持ちを書いたりしてもらうんです。
それが「スクラップブッキングアルバム」。

撮った方の「心の世界」、「気持ち」がより良く伝わって来ました。

酒井さん
『 最近は、小さなコンパクトデジカメが普及していますし、
 ホームプリンターをとても手軽に皆さん手に入れて
 楽しむことができます。
 とても重い障害や病気のある方でも手軽に自己表現をしたり、
 写真を撮りながら、他の人と会話を楽しんだりすることができます。
 写真というのはとても敷居の低い、手ごろな自己表現のツールだと思います』

と酒井さんは話します。

都立城南養護学校の生徒さんの写真も展示されました。
重度の障害のため、自宅で寝たきりの状態で、先生が通って
教えているんですが、言葉ははっきり出て、指先も動かせます。

先生やお母さん、酒井さんたちがカメラの前に行き、
そこでシャッターを押したんです。

「指一本動かせれば自分の表現ができるんですね」
と酒井さんも話していました。

「チャレンジド写真展」で展示された写真はおよそ50枚。
ほんとにこれが、がんや白血病とか命に関わるような病気と
闘っている子供たちが撮った写真なのか、
寝たきりのお子さんが撮ったような写真なのか、
と驚くほど、力強くて、元気いっぱいな写真がいっぱいでした。

今回の「チャレンジド写真展」は東京都人権啓発センターの企画で、
酒井さんが代表をつとめるNPO法人「日本写真療法家協会」
の協力で開かれました。

酒井さんのように、フォトセラピーの活動を
個別に行ってきた方は各地にいますが、
もっと色々な方に体験していただいたり、
知っていただこうということで、写真療法家協会が生まれたんです。

協会では、今後も各地で写真展を開いていくということで、
2007年内は福井と山口で予定されています。
また、イギリスの病院でも展示されるなど、
海外との交流も始まっているということです。