お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


役所のユニークな部署

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

反応が鈍いと言われた「お役所仕事」の追放を目指して、千葉県松戸市に1969年に作られた全国初の「すぐやる課」が開設47年を迎えました。現在はこのような組織が全国各地の自治体に作られているようですが、今回は役所に作られたユニークな部署をご紹介しました。ユニークな部署の宝庫と言われているのが、佐賀県の武雄市です。婚活を扱う部署は縁結びという意味もあって、「お結び課(おむすびか)」。定住を促進する部署の名前は「お住もう課」。他にも「健康課たっしゃか係」というのもあります。

方言を使って郷土色を全面に出しているのが、沖縄県の那覇市です。この言葉、分かりますか?「ちゃーがんじゅう課」。「ちゃーがんじゅう」という言葉は、「いつまでもお元気で」という意味。高齢者の在宅福祉などに関する相談に応じてくれる部署だという事です。なお、那覇市の市民課は、今年の4月から「ハイサイ市民課」になりました。これは方言の普及・定着が目的で、親しみを込めて名付けたそうです。かわいらしいですよね。

映画化された事で有名になったのが。高知県の「おもてなし課」。これは観光客へのおもてなしの推進や、観光ガイドの育成などを手掛けている部署です。高知県は美味しいものや観光資源が沢山あるにも関わらず、以前は、情報があまり発信できていなかったそうなんです。そこで、徹底したのが「おもてなし」意識の向上でした。特に力を入れているのが「おもてなしトイレ」です。「おもてなしトイレ」に認定されるには、いくつかの条件をクリアする必要があるそうです。条件をクリアすると「おもてなしトイレ認定シール」がもらえます。今年の4月1日現在で、高知県内で700箇所以上が「おもてなしトイレ」に認定されているそうです。きれいなトイレは人を呼びますから、大切ですよね。


TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。