お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


【放送後記】「来週から僕のこと、琥珀って呼んでもらえます?」2016年9月17日放送

ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル

20160917_01
20160917_02
20160917_03
20160917_03b
20160917_04

【第493回 放送後記】(2016年9月17日放送)

「いったいどうしちまったんですか、宇多丸さん!」

今週の放送は各所で話題のハイロー劇場版(『HiGH&LOW THE MOVIE』)祭りとなりました。特に、宇多丸さんが初めて体験して衝撃を受けたという「応援上映」について、多くの時間を割いて感想を紹介。

劇場が映画館に人を呼び込むための工夫、そのひとつの結実として今ちゃんと語り残しておかないといけないトピックであり、しかもこれが劇場版ハイローの本質と魅力に関わることでもあり。なにより単純に、なにこれ超楽しい! という興奮をそのままパッケージしました。

詳しくはこちらもチェックして下さい。
【映画評書き起こし】宇多丸、『HiGH&LOW THE MOVIE』を語る!(2016.9.17放送)

そして放送後には、応援上映を見て同じくヤラれてしまった橋本吉史名誉P、ミノワダD、そしてカネジュンことBL研究家の金田淳子さんを招いて、緊急放課後クラウドもたっぷり収録しました。

その語らいの中で、20代から30代にかけての宇多丸は、自身にとってのMUGENであるところのFGクルーの仲間たちの困惑を振り切りラップ外活動に邁進、しかも映画『ちゃんと伝える』でAKIRAが演じた役が「史郎」だったという符合もあり、ついに「宇多丸=佐々木士郎=琥珀」説へと到達。

さらに収録後の雑談では、ハイローは“姫”琥珀さんを落とした者が勝つというゲーム(別名「琥珀さん棒倒し」)であり、そもそもタマフルはいろんな人が宇多丸さんにプレゼンして「なんで分かってくれないんですか宇多丸さんーっ!!!」と詰め寄る構造なのだから、我々はすでにハイローだったんだーーーー! という話をしてゲラゲラと笑っていました。

ともかく、応援上映特集、近いうちやりますね。

20160917_05
20160917_06
20160917_07

週間映画時評ムービーウォッチメン。来週の課題映画は、『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』……のカプセルが一度出たものの、宇多丸が久しぶりに1万円を課金して(自腹)もう一回ガチャにチャレンジ。

その結果、決まったのは、『スーサイド・スクワッド』になりました。1万円の価値があったかどうかは、今週の放送をお楽しみにして下さい。

20160917_08
20160917_09
20160917_10

ディスコ954のDJは、MIX CD「ミュージック・ジャーニー クラシックス・クロスオーバー」をリリースしたばかりのDJ JINという男 from RHYMESTER。

何度も言っていますが、DJのスキルとフェイシング(顔面表現)の攻撃力は当代随一といっていいでしょう。さすがのツラと選曲で、心地よい時間をつくって頂きました。押忍。

20160917_11
20160917_11b
20160917_12

そしてこの夜の特集は、「入眠調査〜ねぇ入眠特集2016」。

構成作家の古川の密かな趣味であった「いろんな人の眠りに落ちる時の話を聞く」を特集にしてから早3年。今回は「世界睡眠会議」なる愉快な組織(実は錚々たるメンツからなる企業コンソーシアム)からスポンサードを受け、より大々的に行いました。

豪華プレゼントの甲斐もあってか、リスナーの皆様からは大量の「入眠の儀」が到着。それを紹介し、さらに放送内で扱いきれなかったものは放課後ポッドキャストでも披露。世の中にはこんな寝方をしている人がいるのか! すげえ! 面白い! と、至福の時間を過ごさせて貰いました(あくまで個人の感想です)。まっこと人の寝方は千差万別。睡眠の世界、我々はその深遠をまだ知りません。

ちなみに世界睡眠会議のHPには今回の特集のレポート記事も特別映像つきでアップされています。また、世界睡眠会議のグル、NPO法人「睡眠文化研究会」の理事・重田眞義先生のインタビューも掲載。「睡眠を文化として捉える」という意義について語られています。こちらも知的好奇心が刺激される話が満載です。必読!

「ねぇ入眠2016」ラジオクラウド

入眠調査放課後クラウド

入眠調査はこの後も継続して番組内で扱っていく予定。皆さん、変わった寝方をしている人がいたらぜひタレコミをお願いします。

文/古川 耕(構成作家)
写真/小荒井 弥(音楽ディレクター)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
過去のタマフル放送後記はこちらから
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++