お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


在日コリアンと日本人の学生が一緒に祭りを創り上げる

人権TODAY

毎週土曜日「堀尾正明+PLUS!」内で8:15頃に放送している「人権トゥデイ」。
様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。

在日コリアンと日本人の学生が一緒に祭りを創り上げる

080329_1
桜も満開の東京・代々木公園で、3月最後の日曜日の30日、
「ONE KOREA FESTIVAL TOKYO 2008」(ワンコリ)が開かれました。
在日コリアンと日本人の「学生」が中心となって運営しているお祭りです。

午前10時のオープニングをかざったのは「よさこいアリラン」。
高知発祥の「よさこい鳴子踊り」と朝鮮半島の民謡「アリラン」をミックスした
「よさこいアリラン」は、初めて学生が主体となって運営した2002年の
「ワンコリ」で生まれました。

その時踊ったメンバーからチーム「はなこりあ」が生まれ、
今回も総勢80人で、オープニングの他、2回のステージを披露しました。
自分達が踊るだけでなく、「総踊り」では観客も一緒になって楽しみました。

祭りの当日、「はなこりあ」が「よさこいアリラン」を披露

祭りの当日、「はなこりあ」が「よさこいアリラン」を披露


80人のうち約10人は、今回初参加。
祭りの3週間ほど前に新崎真倫・情報キャスターが練習にお邪魔しましたが、
「踊りが大好き」というある女性は

女性
『 よさこいにも興味あったし、アリランにも興味がありました。
 一度見てみようと思って練習に参加したらはまってしまいました。
 笑顔で何か伝えよう、としている感じがあるんです。
 本番は、うまいというよりは伝わる踊りをしたいです』

と抱負を語っていました。

また、ある男性は

男性
『 とにかく、体を動かして一緒に踊るのが楽しいです。
 アリランや朝鮮半島の文化については何も知らなかったけど、
 誘われた時、面白そうだと思いました。
 まずは踊って、そしてこれから意味も学ぼうと思います』

と話してくれました。

また、裏方としても関わってきたという在日コリアンの女性は

女性
『 最初は異文化の融合に興味があったり、在日としての気持ちで入ったけれど、
 今は踊ることで表現する楽しさも思うようになりました』

と話していました。

「楽しみたい」という思いは「ワンコリ」を作る学生達も同じです。
去年の夏から準備を続けてきましたが、学生達はみんな
「楽しいことしよう!お祭りしよう!」と集まって来たそうです。

新崎キャスターが祭りの一ヶ月ほど前に、マンションの一室にある
事務所を訪れると、部屋はまるで学園祭を前にしたサークルの部室のようで、
楽しそうだし、熱気も伝わってきました。

「ワンコリ2008」のテーマは「違いを知る、そこからつながる」。
インタビューに答えてくれた実行委員会代表の金貞恵さんは

金貞恵さん
『 国際化とかグローバル化という言葉があると、背景を考えずに、
 他の民族を好きだと軽々しく言えてしまいます。
 そこに問題意識を感じていました。軽々しく言うのではなく、
 つながるためには、違いを大切にしたい。
 違いを知ってからつながっていこうと思ったんです』

と説明します。

例えば、毎回開かれているファッションショー。
前回までは二つの文化をミックスした衣装を披露したんですが、
今回は「color`s fashion show」と題して、着物とチョゴリ、
二つの伝統衣装を学生デザイナーがアレンジし、
それぞれ学生モデルが着て、披露しました。

また、「ONE KOREA MUSEUM」では、在日コリアンの
一世、二世や、その同年代で、若い頃をソウルで過ごした
日本人の方へのインタビューなどを通して、在日コリアンの歴史と
現状を伝えるパネルが展示されました。

また、「ワンコリ2008」を準備する道のりと、スタッフからのメッセージも
展示してあって、どちらの展示にも「まずは違いを知ってほしい」という
スタッフの想いが込められていました。

そのメッセージを伝えるためにも、「楽しむ」企画が盛りだくさん。
都内の焼肉店が協力して、焼肉などをお手頃な値段で提供。
直径2メートルもある巨大鍋で作るキムチチゲも登場しました。
「王こりあかふぇ」では、それぞれの雑誌や絵本を読み比べながら、
美容によい伝統茶でお客さんにリラックスしてもらいました。

事前のインタビューで、広報担当の宋基央さんは

宋基央さん
『 普段あまり経験できないことを経験できる場です。
 韓流でもない、日本のお祭りでもない、
 微妙なバランスが表現できると思います』

と話します。また、同じく広報担当の村瀬文香さんは

村瀬文香さん
『 新しい生活が始まるこの時期、今まで目を向けていなかったことに
 目を向けてみよう、というきっかけになれば、と思います。
 日本の風物詩、桜を見ながら、コリアの文化を楽しんでほしいです』

と話していました。

新崎キャスターのインタビューに答える代表の金貞恵さん(右)と広報担当の村瀬文香さん(左)

新崎キャスターのインタビューに答える代表の金貞恵さん(右)と広報担当の村瀬文香さん(左)


代表の金貞恵さんが強調していたのは「五感」。

「食べたり、焼肉でにおいをかいだり、音楽を聴いて視覚を刺激したりと、
どんな角度からでも楽しめるお祭りになっています。
多くの方が来て、私達の思いを汲み取ってくれたらいいですね」
と話していました。

祭り当日、新崎キャスターは「食べる」「聞く」「見る」と「五感」で感じ、
すっかり楽しみました。

同じように、訪れた約3万人弱のお客さんも
「ONE KOREA FESTIVAL(ワンコリアフェスティバル) TOKYO 2008」を楽しみ、
そして「まずは違いを知ってほしい」という若い学生達の想いを
感じ取っていたのではないでしょうか。

放送翌日、祭りを楽しんだ新崎キャスター。左は広報担当の渡部頼子さん。

放送翌日、祭りを楽しんだ新崎キャスター。左は広報担当の渡部頼子さん。

担当:新崎真倫

<関連情報・お問い合わせ先>
ONE KOREA FESTIVAL TOKYO 2008
http://www.onekoreatokyo.com/