お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


日本人は年齢を気にしすぎ??

久米宏 ラジオなんですけど

TBSラジオで毎週土曜日、午後1時から放送している「久米宏 ラジオなんですけど」。
2016年9月17日(土)の放送は「あれ? この人いくつだっけ? 思わず年令を検索したくなる人」というテーマでお送りしました。

久米宏さん

みなさんからは、かなりの数のメールをいただきまして、ありがとうございました。

堀井美香AN

メッセージテーマに関連して、今週は「ニューズウィーク日本版」などに寄稿しているイギリス人コラムニスト、スティーブン・ウォルシュさんと電話をつないで、「年相応」という言葉があるように実は日本人(日本社会)は年齢を気にしすぎているのではないか?といったお話を伺いました。

日本人は初めて会った人にまず年齢を聞くが、イギリスをはじめ海外ではほとんどないことなんだそうです。では、イギリスでは年齢のかわりに何を聞くかというと、まずは「仕事」。次に「ホームタウン」「好きなスポーツ」。サッカーが好きなら労働者階級とか、これは相手が属する「階級」を確かめる作業で、法律上は撤廃されているもののイギリスには階級制度が残っていて、階級を確かめるのは日本でいう年齢と同じ感覚ではないかということでした。

スタジオ風景

ところで、ウォルシュさんは日本在住11年ですが、日本に来た時、「ニュースステーション」で日本語を覚えたとお話していました。以前、番組にお越しいただいたセネガル出身のマンスール・ジャーニュさん(外国人芸能事務所マネージャー)も同じ話をしていました。「ニュースステーション」で日本語を覚えた方、本当に多いみたいですね。

ヒコイチ ~ 林家彦いち師匠の一言

林家彦いち師匠

年齢を検索したくなる人。。でございました。いやぁ、いろいろオンエアやいただいたメッセージでえっつ!!と驚いたんですが、来年また同じ人で驚きそうな気がするテーマでございました。意外な人は若い頃も歳をとってからもずっと意外性があるんだなぁと思ったりです。。。

いや、柳家喬太郎さんのようにあるとき実年齢に追いつく日が来るかも。そういう方も少なくないんですね。

プロレスラーの年齢調べたら止まらなくなりました。テリーファンクが久米さんとほぼ同じとか。

来週もよろしくお願いいたしますー。町山さんと同じく、半ズボンの彦いちでした。

小噺演目「往年プロレスラー長屋」

2016年9月17日(土)放送:彦いち噺「往年プロレスラー長屋」を聴く