お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


運動会の春・秋どっち論争を予報士が天気視点で検証【音声あり】

ジェーン・スー 生活は踊る

いまだ決着がつかない永遠のテーマ「運動会は、春?秋?どっちがイイと思いますか?」
ウェザーマップの人気予報士・増田雅昭さんの考察を聞きました。

まず先生たち、運動会をやるかやらないか天気で迷ったら予報士を頼って!
実際、学校や教育委員会、幼稚園から、運動会や遠足など学校行事の予報の依頼がくることもあります。「雨予報が出ているが、行事ができるくらいの雨なのか?」「親御さんがお弁当の準備をする前に中止にするのか判断したい!」などなど…また、気象予報士に相談してもらったほうが、先生が責任を負わなくても良いので(気象予報士のせいにできる!)、精神的にも楽だと思いますよ。

気象状況で考えると春に軍配か…??
行事を分散させるなどの理由で春の運動会が昔より増えているそうですが、天気の視点でみてみると…秋の運動会は、練習が始まるのが夏休み明け。まだまだ真夏の暑さの日もあります。春も暑い日はありますが、湿度が低いですよね。気温的には、春のほうが良さそうです。では雨は? 9月は秋雨、台風などで雨の日が多いので、やはり春に軍配。どうしても秋にこだわるなら、秋雨が終わる10月10日頃よりあとが良さそう。天気出現率(※過去30年間の天気から割り出した天気の出現率)を見てみても…東京9月15日は雨の割合が53%。10月10日は13.3%!!という結果が出ています。

ただ、春はふさわしくない説もある
春はPM2.5が来やすいので、西日本を中心に秋に運動会を戻したという学校も。う~ん、ベストを求めていてはキリがない…

で、結局いつやればいいの?
春なら梅雨が近づく前の5月10日~20日、秋なら10月10日~20日が気温もちょうど良く、運動会としてはベスト! 学校の先生、ぜひ参考に…
生活は踊る20160915