お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


シングルマザーを支援する

人権TODAY

毎週土曜日「堀尾正明+PLUS!」内で8:15頃に放送している「人権トゥデイ」。
様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。

シングルマザーを支援する

吉原拓人記者が取材したのは千葉県の柏市にあるシングルマザーのための住宅です。
離婚したばかりの段階では、経済的にまだ安定してなかったり、
保証人がいなかったりと、シングルマザーは住居を探す際に大変苦労します。

去年の3月にオープンしたこの住宅「マミーハウス」は
保証人も敷金・礼金も必要ありません。 多い時で8組の母子が住んできました。

現在「マミーハウス」を運営しているのは、シングルマザーの仕事探しなどを
支援してきた東京・新宿区のNPO法人「Wink」です。
「ウインク」理事長の新川てるえさんは

新川てるえさん
『 子供とお母さんの二人きりの生活は孤独だと思うんです。
 一緒に住んでいる仲間がいて励まし合ったり、喧嘩もあるかもしれないけど、
 それも刺激になればまたいいのかな、と思うんです』

と話します。

「マミーハウス」は2009年の2月までは、
企業の社員寮だった建物を利用していました。

光熱費などの管理費も含めて、月約5万5千円。
プライバシーが保たれたそれぞれの部屋と共有スペースがあり、
共有スペースのキッチンやリビングには冷蔵庫やテレビ、
調理器具などが備えられています。
また子供のために、おもちゃや小さな椅子なども用意してあります。

共同生活ではルール作りなどでもめたこともあったようですが、
得られるものもあります。

2009年2月当時、「マミーハウス」に入居していた、2歳のお子さんがいる女性に
吉原記者が話を聞くと、すでにハウスを出た人でも、仲良くなった人とは
今でも悩みを相談したり、子供同士遊ばせたりしているそうです。

女性
『 最初は喧嘩とかありましたが、いろいろあった中で、
 すごく強い絆みたいなものが………。
 すごい頼りになる方なので、その方ともずっとつながって
 いられればいいかなと思います。
 マミーハウスがあったからこそ、たくさんの人と出会えました』

と話していました。

この女性は、まず住み始めて一ヶ月は、子供の保育所探し。
そして、仕事を探しました。現在の職場は子供がいる女性に理解があって、
「子どもが熱を出した時は心配して休ませてくれるし、
残業をしないように配慮してくれる」そうで、生活は落ち着いてきています。

マミーハウスに入居期限はないのですが、収入が安定した仕事につけたこともあり、
近い将来、出て行くことも考えているそうです。
マミーハウスは、自立して生活するまでのステップになる場所なんです。

こういう取り組みは全国でもほとんどありません。
そして、シングルマザーの支援にも不況の影響が及んでいます。
子供がいるため、派遣など非正規雇用の仕事を選ばざるをえない方が多いので
「派遣切り」などの相談もウインクにけっこう来るそうです。

また、オープン当初からマミーハウスを運営していた企業が、
不況の影響で年末で撤退しました。
協力する立場だったウインクが運営を引き継ぎましたが、
資金面で厳しい状況です。

それでも、運営を続けようと、ウインクでは賃貸料の負担を減らすため、
マミーハウスを元社員寮から近くのアパートに移し、
寄付など資金面での支援を呼びかけています。

また、住むだけでなく、ウインクがこれまで取り組んできた「仕事の支援」も
取り入れた施設にしてゆきたいと考えています。

理事長の新川さんは

新川さん
『 各地で真似して、同じような事業が立ち上がってほしいです。
 そのためのモデルケースになって、問題点が出たりした時も、
 私たちが教えたり、力添えできれば。そのためにも絶対に続けてゆきたい』

と話していました。

マミーハウスへの入居や、シングルマザーの支援に関心のある方は、
NPO法人「ウインク」のホームページを見るか、
事務局 03-6685-9765(FAX)、
info@npo-wink.org(Eメール)まで。

担当:吉原拓人

<関連情報・お問い合わせ先>
NPO法人「ウインク」
http://www.npo-wink.org/