お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


盲ろう者支援センターが東京にオープン

人権TODAY

毎週土曜日「堀尾正明+PLUS!」内で8:15頃に放送している「人権トゥデイ」。
様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。

盲ろう者支援センターが東京にオープン

視覚と聴覚の両方に障害がある「盲ろう者」の社会参加を支援する
「東京都盲ろう者支援センター」が今年の5月、東京・台東区に開設されました。

ヘレン・ケラーと同じような状況にある盲ろう者は全国に約2万2千人、東京都内には
約2千人いるとみられていますが、これまで専門の支援施設はありませんでした。

「東京都盲ろう者支援センター」の前田センター長にインタビュー

「東京都盲ろう者支援センター」の前田センター長にインタビュー


センター長の前田晃秀さんは、

前田晃秀さん
『 盲ろう者は耳で聞いてコミュニケーションすることができないし、
 目で手話を読み取ってとか、筆談をしてということも難しい状況です。
 それが大きな壁となって、視覚障害者や聴覚障害者向けの施設では
 なかなか受け入れてもらえないという現状があるんです』

と話します。
二重の障害のために、福祉の制度の谷間におかれてしまっているのです。

そこで2009年の5月、東京都の補助を受け、
NPO法人「東京盲ろう友の会」がセンターを設立しました。

都内の約2千人の盲ろう者のうち、
「友の会」が把握しているのは100人ほどです。前田さんは

前田さん
『 コミュニケーションの方法を習う機会もなく、家の中に閉じこもり、
 朝おきてごはんを食べて寝るだけ、という生活を送っている人も
 かなりいると思います。そういう盲ろう者が外に出るための力になる場所です』

と話します。

盲ろう者は手話をお互いに触って理解する「触手話」や、盲ろう者の指を
点字の点に見立て、指をたたいて会話する「指点字」などをつかって
コミュニケーションをしています。

センターでは、「触手話」や「指点字」などコミュニケーションの方法を学ぶほか、
家事をしたり、外出したり、買い物をしたりするために必要な生活訓練を行って、
社会参加を進めます。

盲ろう者の生活に便利な生活用品が展示されています

盲ろう者の生活に便利な生活用品が展示されています


また、センターの一室には、便利なように工夫された生活用品が展示されています。
池田智子リポーターが取材した日は京都府の梅木久代さんが見学に来ていました。

女性のスタッフの説明を、梅木さんに付き添うご主人が、「触手話」で伝え、
梅木さんはご主人を通して、色々と質問します。

「点字のついた震動するタイマー」について説明があった時は、
「よく時間を忘れて、鍋を吹きこぼしてしまったりするので」と、
梅木さんは値段など熱心に質問していました。

また 他にも、触ってわかる計りなど、「砂糖の入れすぎが防げそうですね」
と話しながら、使い勝手など色々質問し、少しでもより便利なものを
探すのに一生懸命でした。

見学後に梅木さんに話を聞くと、

梅木さん
『 盲ろう者の生活の中では、心配なことが色々とあります。
 ここには、盲ろう者の生活に便利なものが、
 そして初めて見るものがいっぱいありました。
  素晴らしいセンターでうらやましいと思います。
 京都にもこんな場所ができてほしいです』

と話していました。

パソコンを使うのを助ける機器もあります

パソコンを使うのを助ける機器もあります


盲ろう者の中にはパソコンを使える人もいます。
パソコンの画面の文字を、「点字」で打ち出して読む
「点字ディスプレー」という電子機器を使います。

点字ディスプレーはセンターにも展示されていて、訓練もできます。
ただパソコンを使うには、まずは、点字のやり方を覚えることが必要です。
盲ろう者一人一人の置かれた状況が異なるので、パソコンを習得するまでには
かなり時間がかかるんです。そのためにも専門の支援施設が必要となっていました。

また、「東京都盲ろう者支援センター」は盲ろう者同士の交流会や
サークルの場としても使えます。
こういう場所が東京に生まれたことは、盲ろう者が意欲を持って生きていくための、
本当に大きな一歩なのです。

東京都盲ろう者支援センター
〒111-0053
東京都台東区浅草橋1-32-6 コスモス浅草橋酒井ビル2階
TEL:03-3864-7003

担当:池田智子

<関連情報・お問い合わせ先>
NPO法人「東京盲ろう者友の会」
http://www.tokyo-db.or.jp/