お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


「2度聴きソング」で盛り上がりました!

有馬隼人とらじおと山瀬まみと
DSC_0163

 

金曜日の名物コーナー、古きよき昭和の文化を懐かしむ

「勝手に!にっぽん文化遺産」

先週から「にっぽん文化遺産」第6号の登録を目指して

ラジオをお聴きの皆さんから、

レコード やCDに変な声”  “変な音” が入っていて

思わず聴き返したくなる「2度聴きソング」についての

報告を募集してまいりました。

ただし、幽霊の声が入っているような怖いものではありません!

録音技術が今ほど発達していなかったために、なぜか、

その音が消されず、耳をそばだてると、確かに何かが聴こえるため

思わず「2度聴き」したくなる、音楽のことです。

今回も、数多くの情報を、ありがとうございました。

 

そして、26日の番組ご紹介したのは・・・

*「帰ってきたウルトラマン」の「MATのテーマ」

 なんと、冒頭の「ワンダバダバ ワンダバダバ」というセリフを

 繰り返し歌う部分で、4度目の時、口が回っていませんでした!

 これには、スタジオの皆が大爆笑しました。

*ザ・ビートルズのあの名曲

 「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」

 この歌は、ライブでの演奏をミックスしていますが、

 冒頭のライブ会場と思われる喧騒の中で、なんと、

 「ポールのアホ!」という、ありえないセリフが入っていました。

 確かに、聴きとれます!しかも、日本語だし・・・

*オフコース「I LOVE YOU」

 オフコースには、こういう「2度聴きソング」の都市伝説が、

 いろいろとありますが、これは「笑える」タイプです。

 4分過ぎに、“くしゃみ”と聴き取れる音が入っています!

 

3曲の“2度聴きソング”、いずれも、驚きと感動の歌でした!

もし今、レコーディング中に、誰かの声や音が入ったら

ササッと編集して、簡単に音を消すことができますよね。

そうした技術がなかった昭和の時代だからこそ誕生したのが

この「2度聴きソング」ではないでしょうか。

これこそ、にっぽん文化遺産に相応しいのではないでしょうか?

・・・ということで「2度聴きソング」

「にっぽん文化遺産 第6号」認定します!

 

さあ、来週に向けて、次の認定に向けた「遺産候補」を募集します。

このページのトップにある投稿フォームや、お便りで募集します。

お手紙の宛て先は、〒107-8066 TBSラジオ

「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」の係です。

メールは、ar@tbs.co.jpまでどうぞ。お待ちしています!