お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


新宿・大久保に生まれた「在日と日本人の交流の場」

人権TODAY

毎週土曜日「堀尾正明+PLUS!」内で8:15頃に放送している「人権トゥデイ」。
様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。

新宿・大久保に生まれた「在日と日本人の交流の場」

東京・新宿区の大久保は韓国料理や韓国のスターのグッズを
売っている店がたくさんある街です。
その大久保に2010年7月、埼玉県の川口市にあった
「文化センター・アリラン」が移転してきました。

新宿区大久保の韓国料理店が立ち並ぶ通り沿いにある「文化センター・アリラン」

新宿区大久保の韓国料理店が立ち並ぶ通り沿いにある「文化センター・アリラン」


「文化センター・アリラン」は朝鮮半島関連の文献や資料約4万点を所蔵しています。
在日韓国・朝鮮人の人権運動に関わる貴重な資料もあって、朝鮮半島の歴史の研究や
文化の交流の場となってきました。

元々、在日2世の男性が私財を投じ、自宅を改造して開いたものですが、
この男性が亡くなったこともあり、さらなる発展を目指して、
都心に場所を移すことになったんです。

これまでは、研究者の利用が多かった「文化センター・アリラン」ですが、
運営するNPOの副理事長で在日2世の宋富子さんは

宋富子さん
『 ここでは日本人は日本人、朝鮮人は朝鮮人、といった垣根を作らず、
 皆が出会って色んな発想がぶつかり合いながら、親しくなって
 信頼を作り、歴史を知ることによってお互いが尊敬できる場が生まれる。
 そういう楽しい場にしたいと思います』

と話します。

韓国料理店の並ぶ職安通りを歩いて行くと、「在日と日本人の出会いの場」
という看板が見えてきます。
朝鮮半島ではお祝いに使う、青と赤と黄色で書かれているのでよく目立ちます。
「文化センター・アリラン」はそのビルの8階にあります。

中に入ると、壁には朝鮮半島関連の本や資料がぎっしり詰まっています。
これまでの資料や本に加え、移転をきっかけに、朝鮮半島の歴史を
子供向けに分かりやすく解説してある本や、童話の絵本、紙芝居なども揃えました。
子供向けの読み聞かせ会も企画しているそうです。
「韓流ドラマがきっかけで、大久保に来た方にも是非寄ってもらって、
在日の存在に目を向けるきっかけにしてほしい」と宋さんは話します。

山崎景子・情報キャスターが取材した日は、机やいすを端に寄せ、
韓国舞踊の教室が開かれていました。教えるのは在日2世の金順子さん。

生徒さんの一人は「踊りを通して時代背景や作法など、韓国の歴史や
日本との関係も勉強ができます」と話していました。
また、別の生徒さんは、いま流行の韓国ドラマをテレビで見ていて、
背景に映る伝統芸能や楽器などに興味を持ったということです。
その女性は

女性
『 日本は韓流ブームで、韓国に目がいっていますけど、
 身近に暮らしている在日の方々に余りにも目を向けなさすぎたな、
 と思います。韓流ブームを良いきっかけにして交流がもっともっと
 できれば良いな、と思います』

と話していました。

この他、言葉の教室もありますし、在日のアーティストの演奏や歌と組み合わせた
講演会なども企画されています。

宋富子さんたちがボランティアで運営しているこの「文化センター・アリラン」。
入館料は200円ですが、年会費を払って会員になれば、
いつでも無料で利用できるということです。

担当:山崎景子

<関連情報・お問い合わせ先>
文化センター・アリラン

トップページ