お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


「思い出」で認知症ケア

人権TODAY

毎週土曜日「堀尾正明+PLUS!」内で8:15頃に放送している「人権トゥデイ」。
様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。

「思い出」で認知症ケア

ある紙芝居の様子を取材してきました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 こんにちは~。恒例の紙芝居を読みに来ました。
 今日のお話は「黄金バット」。皆さんご存知ですか?
 今日はその黄金バット懐かしい話しさせて頂こうと思います。
 始まり始まり~(拍子木)
 黄金バッド、ナチスドイツの科学者ナゾーはベルリンが、、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「黄金バット」といえば、昭和初期の紙芝居の中でも有名な作品ですよね。
最近の子供は「黄金バット」なんて知らないんじゃないかなとおもったんですけど、
大丈夫でした。
この黄金バッドの紙芝居の観客、平均年齢が70代から80代の高齢者なんですよ。
実は「病院」で行われたんですね。
千葉県・若葉区にある高齢者医療の専門病院「総泉(そうせん)病院」での様子です。

「娯楽」として紙芝居を楽しもうというのもあるんですが、病院ですから、ちゃんと
「意味」があって紙芝居です。院長の高野喜久雄(たかのきくお)さんのお話では

高野喜久雄さん
『 古いものを見ながら昔を思い出す、回想法の一部を行っているんです。
 認知症のトレーニングの中に、古いことを思い出すことによって、
 ドンドン展開していくわけです。逆に新しいことを引き出すきっかけになる。
 脳の活動が、全体的に活性化されてくるということですね。』

懐かしいものに触れて、認知症のケアをしようというわけなんです。

懐かしい「物」とか「風景」をみると「このときはこんなことがあったね、
そういえば、あんなことしたな~」と忘れていた思い出がどんどん
引き出されるんですね。
そうやって脳を活性化させるのが、この紙芝居の狙いなんです。

この他にも、紙芝居が読まれた1階のロビーには「思い出ミュージアム」という
「昭和の30年代の街並み」が再現されています。

これも昔のことを思い出してもらって、脳の活性化をさせようと言う事なんですけど、
「羽子板・メンコ、ブリキのおもちゃ」などが並ぶ「駄菓屋」があったり、
「足踏みミシン、ちゃぶ台、」などの日用品がある畳の部屋があったり、
「赤い丸型ポスト」がある郵便局があったり、
などなど昭和の懐かしい物が所狭しと並んでいます。

先程聞いて頂いた紙芝居のときは、職員がハッピを着て、自転車を引いてやってきて、
荷台に紙芝居を立てて、拍子木を鳴らすと、当時そのものなんですね。
また懐かしい、手作りのべっこう飴が配られて、舐めながらの紙芝居を見ます。
「見る」だけじゃなくて、懐かしい味だったり、音だったり、
こういった感覚も刺激するので、より一層の認知症ケアの効果が期待できそうですよね。

月に一回の紙芝居の開催以外でも、もちろん出入り自由。
おもちゃなど、すべて、触れたり、遊んだりすることができるので、
ふらっと遊びに来て、思い出に浸っている人もいるし、患者さんどうしで思い出話に
花を咲かせている人も多いそうです。実際に患者さんに話を聞くと、、、

患者さん
『 黄金バッド怖かったよ~。良かった、素晴らしい。思い出しますね。
 若かった頃。あやとりもやったし、お手玉もやったし、
 昔を思い出すから、楽しいですよ。』
『 懐かしいと思いました。子供の頃使いましたから、
 コタツなんかもありましたし、家族思い出しますね。若返ります。ふふ。』
『 紙芝居やさん、来るの。自転車で。足踏みミシン、懐かしかったね、
 最初に買ったのあれなの。今はないですよね。家にあったなって。』

懐かしいものに見たり、触れた後のほうが、格段に元気に、饒舌になっていました。

患者さんのために作った「思い出ミュージアム」なんですが、
院長の高野さんは、意外なところにも「効果があった」と話しています。

高野さん
『 職員の人が昔のことを知らないんですよ。ノラクロと言うマンガが
 あるんですね、今、若い人はノラクロというマンガを知らない。
 ユニクロと同じと思う人もいるので、違うぞと勉強してもらう場でもあります。
 新しく入った方も、ヘルパーさんもそうですけど、事務の方もですね、
 思い出ミュージアムの店番をしてもらって、その人がどういう事を
 考えているか、古い人の考え方とか、そのころの思い出なんかを
 聞いたりなんかすることによって、楽しいトレーニングとしても
 これは使われるんじゃないかと思います。まさしく職員を育てる場です。
 若い職員のトレーニングの場にもなっているんですね。
 職員は昔のことを勉強できて、コミュニケーション能力も身につきますし、
 患者さんは昔のことを聞いてもらえてうれしいし、脳の活性化にも繋がる。
 「まさに一石二鳥・お互いに相乗効果が生まれる場所なんですよ。」』

と高野さんは話していました。

昔のことも「思い出」ですけど、こうしている「今」だって、
「これからの思い出」になりますよね。
そういう意味でも「今」というのが患者さんにとって、とても大切なんだなと思いました。

担当:山崎景子