お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


8月28日(日)「うどんの日本一が決まる!うどん天下一決定戦」(にち10おでかけリサーチ)

安住紳一郎の日曜天国

TBSラジオキャスターの楠葉絵美です。

楠葉絵美
TBSラジオキャスター。アニメ、マンガ、ゲームが大好き!

放送を聴いてから出かけても間に合う!オススメのスポットから生中継している「にち10 おでかけリサーチ」

8月28日(日)の放送では全国のご当地うどんの1位が決まるうどん天下一決定戦に行ってきました。全国からうどん店が17店舗集まっていて、お客さんの投票で一番美味しいうどんが決まります。会場は代々木公園のイベント広場で、同時開催で「スーパーよさこい」も行われていたのでとても賑やかでした。うどん天下一決定戦は今年で3回目なんですが、2連覇している【群馬県のひも川うどん】が今年は参加しません。これは優勝のチャンス!とどこも気合いが入ります。過去2回とも2位だったのが【岡山県倉敷のぶっかけうどん】です。「ぶっかけ ふるいち」の代表古市了一さんに話を聞きました。
今年こそ優勝を狙っている!と。その証拠に、忙しい時期に岡山県の店から主軸のエリート店員10人を引き抜いて来ているそうなんです。気合いはバッチリ。

▲「ぶっかけ ふるいち」のぶっかけうどん 600円

▲「ぶっかけ ふるいち」のぶっかけうどん 600円


温かいものと冷たいもの2種類食べられて、瀬戸内海の小エビとタコの天ぷら、とろろも付いて600円です。古市さんによると、先に温かいものを食べて、その後に冷たいものを食べるのが正しい食べ方なんだそうです。順番があるとは知りませんでした。「いただきます!」温かいものはモチモチの麺にショウガがきいていて、つゆは甘い!冷たいものはツルツルシコシコの麺にワサビがきいてさっぱり。麺の食感だけじゃなく、つゆまでこんなに味が違うものなのかと驚きました。今ではコンビニにも当たり前に並ぶ「ぶっかけうどん」ですが、発祥は倉敷なんです。本物の味を知って欲しいと、この2種類食べられるセットで勝負です!
▲「北海道純雪うどん」の純雪うどん 600円

▲「北海道純雪うどん」の純雪うどん 600円


他にも優勝を狙っている店はあります。今年初出場・去年愛知県で行われたうどんサミットで1位になった「北海道純雪うどん」の伊藤しげひろさんです。伊藤さんは、うちはまだまだです。。。と控えめながら、東京の大会で1位になってこそ真のうどんナンバー1だと思うからやれるだけのことはやってみたい!とも話していました。この「純雪うどん」はとにかく透き通った出汁にシンプルな具材が逆に会場で目立っていました。真ん中にはホタテの天ぷらがのっています。しゃっこい(冷たい)ものとあっついもの、2種類から選べます。あっついものをいただきました。まずお出汁から、、、甘い!細麺で出汁とよく絡んで美味しい。出汁は全て飲んでしまいました。このお出汁、鰹節ではなくて、知床産の「鮭節」でとっているんですって。鮭節でとるとこんなに甘いんですね。
▲純雪うどんの伊藤さん(左)と、ぶっかけうどんの古市さん(右)

▲純雪うどんの伊藤さん(左)と、ぶっかけうどんの古市さん(右)


会場内のうどんは全て1杯600円か700円で食べられます。投票方法は、うどんを買ったお店で投票券が貰えるので、それを投票箱へ入れるだけです。味の感想で5段階評価です。一番お客さんから“大満足”の評価を得られた店が優勝です。
▲大満足、満足、普通、やや不満、不満の5段階評価

▲大満足、満足、普通、やや不満、不満の5段階評価


他17店舗には、関東から【小平うどん】の「武蔵野うどん」や【MASAKIYA】の「武蔵野肉汁うどん」、日本一硬いと言われている麺【山梨県 五葵】の「吉田のうどん」、そして【香川県 大空】の「讃岐うどん」もありました。私は九州の柔らかいうどんが個人的に好みなので【三重県 堀製麺】の伊勢うどんが気になりました。
▲讃岐うどん(上)と伊勢うどん(下)

▲讃岐うどん(上)と伊勢うどん(下)


食べられるだけ食べてきたら満腹です。うどん、お腹いっぱいになりますね。でも美味しかった!ごちそうさまでした。