お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


【放送後記】「なんならあと24時間やったろうか!?」2016年8月20日放送

ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル

20160820_01

20160820_02

20160820_03

【第489回 放送後記】(2016年8月20日放送)

昨年も行った夏の一大イベント「タマフル24時間ラジオ」。8月20日金曜日の深夜0時から24時まで、今年もまたやってしまいました。

まずはニコニコ生放送で22時間生配信⇒最後の2時間はニコ生でスタジオの模様を中継しつつTBSラジオで生放送開始⇒最後の2時間はニコ生プレミアム会員限定で打ち上げの生中継と、相変わらずの超ロングストロークこのお祭り。翌週のスペシャルウィークを盛り上げるため、というにはあまりに非効率過ぎやしませんか。

それもこれも宇多丸が思いつきで言い出し、そこにスタッフも同調したため。その結果、「ノーギャラ」「スタッフ増員なし」「無休憩(仮眠は各自勝手に取るスタイル)」「無風呂(匂い対策のためシャワーは浴びよう)」、そして駆けつけてくれるゲストの皆さんも基本的に無報酬……本当にすいません!!

こんな滅茶苦茶な試みにも関わらず、今年もまた四十名以上の方々に駆けつけていただいたのが、我々にとって何よりのご褒美です。そしてもちろん、付き合ってくれるリスナーの皆さんも。やってよかった24時間ラジオ。何ならこっちはあと24時間やったっていいんだ!(by放送中の宇多丸)

皆さん、本当にありがとうございました。

来年はマネタイズ、そして、その前に来週の数字だ!

【ニコ生】(プレミアム会員に登録すると1ヶ月間視聴できます)
「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル 24時間ラジオ2016独占生中継!」

【YOUTUBEのタマフル公式チャンネル】(タマフル×鷹の爪団コラボCMなど)
「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」

【ライムスターマネージャー・知井さんによる24時間ラジオの写真記録】
▼0〜7時台
▼8〜13時台 
▼14〜22時台

20160820_04

これが22時間以上喋り続けた中年の顔だ!

20160820_05

20160820_06

週刊映画時評ムービーウォッチメンで扱った映画は、『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』。大味との評判の本作、宇多丸いわく、「僕、ちょっと楽しくなってきちゃった」と語る場面とは? テキストor音声はこちらでチェックを!

そして来週、スペシャルウィークの課題映画は『ゴーストバスターズ』! 今年の洋画大作はリメイクやリブート、続編が続きますな。

20160820_07

20160820_08

20160820_09

夜11時からの音楽コーナー「ディスコ954」は、R-指定とDJ松永からなるHIPHOPデュオ「クリーピーナッツ」のスタジオライブ。

ニコ生で流れるコメントをリアルタイムで読み込むフリースタイル・ラップなど、映像付きだとより彼らの真価と凄味が伝わります。ふたりでじゃれ合うトークもまさに腐女子殺し。最高。いつまででも見ていたい。放送後にはDJ松永を囲んでの通称「童貞サイファー」も行われました。

20160820_10

20160820_11

特集は、宇多丸が長年温めてきて腐敗臭さえ漂う「夏クソ特集」。夏isクソ! 夏最悪! という主張と共に、それに賛同するリスナーメールを読み上げていきます。ライムスター、結構サマーソング出しているのに。

スタジオゲストは、夏最高むしろ冬クソ派だよのしまおまほさんと番組アドバイザー・せのちんさん。途中、あまりの熱弁に中腰になって叫んでいた宇多丸さんを見ながら、「(これが20時間寝てない人のテンション……)」と感慨に耽っていました。

20160820_12

20160820_13

20160820_14

去年もやった「24時間でタマフルアンセムを作ろう!」企画も大団円。プロデュースを努めたラッパー・プロデューサーのアリキック君に、今年はラッパーのタロウソウル、メテオも参戦。

お披露目された新番組テーマ曲「サタデーナイト・センセーション」もバッチリな出来映えでございました。

これもマネタイズを……!!

20160820_15

24時間お疲れさまでした!(打ち上げ放送中)

20160820_16

宇多丸、しまおまほ、そして“二代目”しまおまほ。

毎回イイ仕事をしている二代目のコラム、今回かなり衝撃的な内容なのでぜひチェックを。

20160820_17

来週はスペシャルウィーク。5名様に「フェラーリの乗り物」が当たるプレゼントもあるよ!

文/古川“ギルティ”耕(構成作家)
写真/小荒井 弥(音楽ディレクター)