お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


【映画評書き起こし】宇多丸、映画『シン・ゴジラ』を語る!(2016.8.13放送)

ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル

20160813_シン・ゴジラ

20160813_シン・ゴジラ

「映画館では、今も新作映画が公開されている。
 一体、誰が映画を見張るのか?
 一体、誰が映画をウォッチするのか?
 映画ウォッチ超人、“シネマンディアス”宇多丸がいま立ち上がる――
 その名も、週刊映画時評ムービーウォッチメン!」

宇多丸:
今夜扱う映画は先週「ムービーガチャマシン」(ガチャガチャ)を回して当たったこの映画……『シン・ゴジラ』!

(BGM: テーマ曲が流れる)

日本を代表するポップアイコン、怪獣ゴジラの国産劇場版としては12年ぶりとなる新作劇場版。『エヴァンゲリオン(ヱヴァンゲリヲン)』シリーズで知られる庵野秀明が総監督と脚本を担当。出演は長谷川博己をはじめ、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、大杉漣、市川実日子などなど総勢328人が出演しております。で、ですね、もうとにかく『シン・ゴジラ』、当たる前から本当にもう、「(評論を)やれ! やれ! やれ!」というね、大評判というか。いろんな声をいただいておりまして。この映画をもう見たよというリスナーのみなさま、<ウォッチメン>からの監視報告(感想)、メールでいただいておりますが、メールの量……まあ、予想はされておりましたが、今年ぶっちぎりで最多でございます。プリントした紙は550ページ以上。また、初投稿の方も多かったということでございます。

そして、賛否で言うと、賛が9割以上。「ゴジラ第一作目と並ぶ、もしくはそれを超える大傑作」「破壊シーンの絶望感がすごい」「ゴジラがマジで怖い」「いまの日本で作られるべき映画。日本もまだ捨てたものじゃない」などの熱い賛辞が並んだ。また、ゴジラシリーズやエヴァンゲリオンなど、庵野監督作品への距離感は人それぞれ。立場や年代を超えて支持されていた。つまり、怪獣映画マニアであるとか、ゴジラマニアであるとか、もしくはエヴァ好きであるとか、庵野さんマニアじゃなくても支持されているということでございます。

ただし、石原さとみさんの演技、っていうかキャラクターってことだろうね。に、疑問符をつける人はいたということで。まあ、ちょっとアクのあるね、役柄がああいう役なんでね。否定的な意見としては、「会議シーンばかりで退屈」「一般人や死が描かれないのは欺瞞では?」「前半はよかったが後半からリアリティがなくなる」などの声。また、東日本大震災時の復興対策会議に参加したという人からは、「すごくリアリティがあった」という意見と、「あんなに早口でしゃべったりしない」という意見、相反する声があったということでございます。

代表的なところを、サクッとですが紹介していきましょう。500ページに渡っていただいて、本当にすいません。本当に一部中の一部になって申し訳ございませんが、紹介させてください……

(メール紹介略)

はい。ということで、私もあちこちで。IMAXで見てみたり……品川(T・ジョイPRINCE品川)にIMAXが復活したんでね。そこで見てきたりとか。3回。すいませんね。まだ3回しか見てなくて。特に、公開2週目で見た時はですね、ほぼ満席で。みんなね、ほとんど30代以上。見た目もザッツ男性オタといった感じだったんですけど、終映後に軽く拍手が起こるような雰囲気で。その後はやっぱり評判が、いわゆる怪獣マニア、特撮マニア層以外にも広まっていることもあって、非常に大ヒットが続いているようで。何度行ってもすごく入っていました。で、まあはっきり言って一部には既にカルト的な熱狂を生み出す作品になりつつあるというか。まあ、確実にもう、作品としての評価は定着しつつあるという勢いではないでしょうか。

ということでね、さあ、どこから片付けていいものか。どっから片付けるか、ということで、まず言えるのは今回の『シン・ゴジラ』、まあいっぱいゴジラ映画ってあるわけですけど、これまでのどのゴジラ映画、あるいは怪獣映画よりも、やっぱり1954年の第一作、オリジナル版のゴジラに近い作品になっているという、これは間違いないと思います。というのは、もちろん物語世界的な設定。つまり、この物語の中ではゴジラ、怪獣的なものはまだ出現していない。それまではしていないという設定。それゆえに、もしじゃあそういうものが現実世界に現れたらどうなるか? ということの、その時代その時代の「リアル」な——本当に現実がそうなのかというのは別にして——カッコつきの「リアル」なシミュレーションとしての怖さ。つまり、本当に怪獣が出てきたらこんだけ怖いよ、とか、こういうことが対策として考えられるんじゃないか? みたいな、そういう面白さという部分。そういうところで、アプローチとして一作目のゴジラにいちばん近いと。要するに、それ以降のゴジラ映画は常に、最低限でも「一作目のゴジラはいた」という設定なので。

で、実際にそれこそ僕もリアルタイムで熱狂した怪獣映画として、平成ガメラ三部作というのがあるんですけども。特に一作目、二作目ぐらいまでは……元をたどればさらにね、その脚本を書いてらっしゃる伊藤和典さんは、『機動警察パトレイバー』の脚本家なわけで(そういう路線のさらに先駆ということになる)。要するに、現実にこういう異物が現れたらどうなるか? というのの、「リアル」なシミュレーションという面白さ……怖さであったり、面白さという。たとえばゴジラ、ガメラであれば、「まさか、こんな生き物が……!?」ってこう、「うわっ!」ってなるというエクスタシーにも似た驚きというか。そういう部分が描かれたりするということですね。

で、今回の『シン・ゴジラ』もそうしたリアルシミュレーションの系譜上の最新、かつ到達点というのはこれ、間違いないと思いますね。だから平成ガメラシリーズのさらなる系譜上の進化系というところもあると思うんですけど。それ以上にですね、本質として1954年のオリジナルゴジラに重なる部分として、こういうことは言えると思うんですね。まあ、いろんな方が言っていると思うけど。僕なりの表現で言えば、要は、「その時点で日本人が内心薄々、最も恐れていること、恐れているような事態っていうのをフィクションを通して具現化する」。つまりそういう、日本人が内心、「あっ、こういうことだけはもう二度と起こってほしくないな」あるいは「いずれ起こったら嫌だな」と内心ずーっと思っていることのメタファーっていうことですね。

1954年のゴジラは言うまでもなく——なんせ54年ですからね——本当に生々しい戦争の記憶、敗戦の記憶、特に空襲の記憶。そしてもちろん、原爆を落とされたという、とにかく日本人にとっての巨大なトラウマのメタファー。これを1954年にやるって!って思うけど。で、今回の『シン・ゴジラ』はそういう一作目のゴジラ本来のあり方。言っちゃえば「最初のゴジラって、あれ、リアルタイムで見た人はどう感じたのかね?」っていうようなところ。その原点、本質に立ち返って、じゃあいまの日本人にとって、あれに類するそういうものがあるとしたら、どういう形をとって、無意識の恐怖として現れるのか?っていうことを改めて問い直した。その結果ということはまず、間違いなく言えると思いますね。

で、それはもちろん、言うまでもなくですが、東日本大震災で。だから戦争が終わったその記憶が生々しい中で一作目のゴジラが作られたっていうけど、東日本大震災は2011年ですから、それよりもっと生々しいという。東日本大震災であり、福島の原発事故であり、そしてそういう想定外の事態に対して実は無力であった日本という国に対する不安であり、不信であり、不満であり、という。さらにですね、ひいては放射能がワーッてなっちゃった時に、日本人は誰もが思ったと思いますけども、いざとなれば世界から、わけてもアメリカから、結局見捨てられてしまうのではないか? と。これは原発事故がなくてもですよ。たとえば、近隣でなにか有事が起きた時に、とは言え、いざとなれば見捨てられちゃうんじゃないか? という無意識の恐怖とかね。アメリカに対するいろいろなコンプレックス込みでの無意識の恐怖みたいな。

これら、要するにいまを生きる日本人が内心薄々最も恐れていることっていうのを、ことごとく、徹底して、これでもかとばかりに具現化してみせるっていうのが、今回の『シン・ゴジラ』の……特に、少なくとも三幕目。いわゆるヤシオリ作戦という、撃退というか作戦をするわけですけども。三幕目までの中身の本質ではないかという風に思います。そしてこの三幕目から、その構造が——いままで日本人が、「うわっ、こういうことになったら嫌だな」ってことが起こっている、画面内で。それがずっと続いて、うわっ!っとなっている。それが極限まで高まった三幕目からは、その構造がガラッと、今度は極端に逆転するという。これが『シン・ゴジラ』という作品のまたひとつの特徴なんですけど。その話はちょっと後回しにして、順にちょっとお話していきます。

まず、開幕早々に事態は起こるわけです。本当に始まって1分やそこらでもう、ドーン! なにかもう取り返しのつかない、ただ事じゃないことがもう、否応なく始まってしまうというね。なので、いつもの映画みたく、みなさん、ノロノロ遅れて入場とかしていると、もうすぐに始まっちゃいますから。本当に1分やそこらですよね。ドーン!ってすぐに始まる。ということで、ご覧になった方全員が思うことでしょうが、事ほど左様にですね、あらゆる意味でこの『シン・ゴジラ』、テンポが早いというのがスタイル的な最大の特徴。とにかく、すさまじいスピードで繰り出される、それこそ物事の情報を「説明」するようなセリフ。これ、直接的な説明ゼリフとはちょっと違うと思ってください。なにかの説明をしている「セリフ」と字幕情報と……これ、なんでカッコ付きかというと、それを100%理解しなくても物語的な理解と関係ないことが多いってことです。とにかく情報量が多い「セリフ」と字幕情報と、そして庵野監督自らが編集している細かいカット割りという。そういうのがスタイル的な特徴になっていてですね。

それはもちろん、今回の『シン・ゴジラ』でも牧博士という、もう既にこの世にはいない博士。空虚な中心としているその博士の写真でオマージュを捧げられている岡本喜八監督というね、前から庵野さんがファンと言っている岡本喜八監督の、特に『日本のいちばん長い日』であるとか、『沖縄決戦』といった群像戦記物というかね。さらに、そのオリジンをたどっていけば、『史上最大の作戦』とかがありますけども。岡本喜八の群像戦記物のタッチの影響も当然あるだろうし。あと、庵野監督作品では本当にお馴染みの、非常にこうグラフィカルに、ケレン味たっぷりに物とか人を配置……たとえば、椅子が並んでいるところを床から、床ごしに人を撮って。その椅子がグラフィカルに並んでいるところを、わざわざ手前からのナメで撮っているというような、そういう絵面ですね。非常にグラフィカルに物や人を配置して切り取って見せる、実相寺昭雄スタイルのレイアウト。これも当然ね、いっぱい出てきますし。

なによりも今回、特に非常に印象的な会議シーン。内閣とかそういう人たちがいっぱい会議をする。そこで非常に素早い、ちょっと食い気味ですらある早口のセリフのやり取り。たとえば誰かがなにか言ったことに対して、「ナントカカントカ」ってセリフがかぶってきて。カットもポンポンポンポンって、それを聞いている人のリアクションとかもポンポンポンポンって入ってくる。食い気味の早口セリフ、さらにポンポンポンポンって入ってくるカッティング、編集。そしてそれによって醸し出される緊張感であったりユーモア。ちょっと笑っちゃうところがあったりとかは、これ、明らかにもう市川崑。特にやっぱり『犬神家の一族』風。つまり、『犬神家の一族』は言うまでもなく『エヴァンゲリオン』の印象的なタイポグラフィーの元ネタですよね。わかりやすい元ネタでもあって。完全に僕、今回最初に見て思ったのは、「あっ、市川崑みたい」って思って見ていたんですけど。

で、その岡本喜八風でもいいし、実相寺昭雄風でもいいし、市川崑風でもいいんだけど、それら全部をまとめて、やっぱりまあ完全なる「庵野秀明タッチ」ということですよね。パッと見て、っていうかもう多くの人が、「ああ、エヴァっぽい!」って思うようなカッティングのセンスだったり画作りだと思いますけども。今回はそういう風に、「モロにエヴァ」な打ち出しをすることに割とてらいがないというか。音楽もね、完全にエヴァをまんま流用というか、セルフ引用したりして。意外とこう、エヴァっぽく見られることに対しててらいがないあたりも今回、なんか抜けがいいあたりなのかなと思いましたけどね。

で、とにかく序盤。すさまじいスピードで言葉が重ねられていくんですけども。それらが、深刻化しているらしい事態とは全く乖離していると。要するに、会議とかをやっているんだけど、一方で起こっていることとは全然関係ないっぽいというのが、たとえば会議シーンが途中でブツッ! とブラックアウトして、「中略」っていう字幕になったりとか。ここはまあ、ちょっとユーモア描写であったりとか。あるいは、ずーっと虚しく会議を重ねていく中で、高良健吾演じる秘書が思わず、「こんなことしている場合かよ」って。要するに、観客の気持ちを代弁するかのように思わずつぶやいたところで、パッとカットが変わると、すでに結構大変な事態になっているぞと。そこではじめて、「こんなことしている場合かよ」って思ったら、やっぱり事態は、さっき単に海から煙が噴き出ていただけなのが、なんか川で船がドドドドドーッ!って押し寄せて。ああ、これはちょっと大変なことになっている。

しかも、否が応にも東日本大震災の津波の初日の報道を思い起こさせる、「もう、逃げてー!」と言うしかないようなあのショッキングなワンカットを含めですね。要するに、会議室で起こっていることと実際に進行している異常な事態の乖離。この緩急の妙でグイグイグイグイ見せていくということですね。ちなみにですね、その内閣のやり取り。非常にオフビートに笑わせていく内閣のやり取りの中でも、僕、特に中村育二さん演じる防災担当大臣。この人のセリフが全部、もうことごとく最高ですね。もう、散々ね、強硬論みたいなのをね。「そんなの、もう魚雷かなんかでやっちゃえばいいじゃない!」って言っていたのがさ、「……えっ、動くの?」っていう(笑)。「生き物ですからね」ってあれもよかったし。合計4回言う、「想定外」が本当にどんどんギャグ的破壊度を増していくあたりとか、非常にコメディとしてもなかなか上等な作りだなと思ったりしました。

で、まあとにかくですね、現実の我々が経験した福島の原発事故の後の、政府発表の記憶なども微妙に刺激される、政府の対応の(頼りにならなそうな)感じみたいなのがありつつ、要するに実際に進行しつつある大変な事態と、その会議室で積み重ねられる言葉の連なりっていうのの決定的な乖離が明らかになるあるポイント。つまり、実際に怪獣っぽいものがはっきり姿を現してしまう。現実が完全に壊れてしまうその瞬間から、第二幕が始まって。そこから第二幕いっぱいまで、つまり、ゴジラがとある理由から活動を休止して、国際社会が核攻撃をするっていうのを決定するというそのくだりまで、さっき言った通り、要はいま日本人が恐れていることっていうのが、とにかく容赦なく展開されていくと。いざ、そうなってみると「ああ、ああ……無力……」っていう感じですね。

で、ここはもう劇場の大スクリーンで、その怖さを全身に浴びながら体感していただくのがいちばんだと思います。ネタバレにならないよう気をつけて言いますが……いや、ネタバレかな? 今回のゴジラの、なんかよくわかんない生物感。その気持ち悪さっていうのは、ぶっちゃけ完全にエヴァイズムですよね。さっき、そのエヴァイズムを出すのに全然てらいがないって言いましたけど、本当にエヴァとか使徒っぽいっていう感じだと思いますね。もう最後の最後に至るまで。最後の、あるオチがあるんですけども、そこに至るまで、「ああ、エヴァっぽい!」っていう。まあ、これは言えば言うほどネタバレになるからやめよう。

で、まあとにかく庵野監督イズムですよね。庵野さん、肉とか魚を食えない。なんなら、野菜は食べているって言うんだけど、本当は野菜も嫌だって言っていたぐらい(※宇多丸註:エヴァブーム直後のインタビューでそういうことを仰っていたというのをベースにした発言なので、実際もしくは現在の氏の食生活がどうなのかは知りませんが)、なんかたぶん生き物、生命のシステムっていうもの自体を気味悪いって思っているんだと思う。それはわかる気もするんだけど。っていう感じだと思います。特に、登場時のあれね。驚いたな、本当。「こんなのに殺されたくないよーっ!」っていうのが画面いっぱいに。すいません。擬音でいうと、「ブワーン! ブシャーン! ブルブルブル、ビシャーッ!」。臭そうな液、ばら撒きやがって!っていう。

で、今回特撮がですね、ゴジラはCGなんだけど、ちゃんとある種実在感というか、着ぐるみ感込みでのっていう。CGとミニチュアとかいろいろとテクニックを組み合わせて。要は、手触りとして日本の特撮映画の伝統をしっかり感じさせつつ、ジャンル的偏愛は抜きにしてもショボくない画作り。つまり、いわゆるハリウッド的なリアル方向のCGとも違う。でも、着ぐるみ、操演、ミニチュアっていう、いわゆる伝統感に寄りかかっただけとも違う。ちょっと見たことがない感触の、なんて言うのかな? 映像的快感を醸していて。僕は、「ああっ、完璧なバランスだ!」ぐらいに思いましたけどね。ショボくないのに、でもちゃんと日本特撮っぽくて、みたいな。よくぞやったなという風に思います。

そのジャンルに明るくない世代の観客にも、そのジャンルならではの良さを「思い出させる」感じ。これは要するにタランティーノ的というか、タランティーノの最高の意味でのサンプリングセンスに通じると思う。要するに、怪獣映画、特撮映画に思い入れのない若い世代も、「ああ、なんかこういう感じなんだ」っていうのをショボくなく見せる。伊福部昭の古典的名曲の引用の仕方とかもそうですよね。あえて、古い音源の感じそのままで出すという。で、この古くて新しい画面の感触であるとか、さっき言ったような、昨今の日本の映画の悪癖であるテンポの悪さとか、登場人物がやたらと感情的に叫んだりとかっていうのを徹底して排除したクールな作り。まあ、そのクールな作りを徹底するあまり、いわゆるキャラクター描写が非常に、ちょっと異様なまでにミニマムっていうか。ちょっと思い切ったバランスの作りにはなっている。ただ、じゃあキャラクター描写をしていないか?っていうと、そうではないと思うんだけど。非常にミニマムではある、思い切った作りにはなっている。多くの観客にとってフレッシュな面白さを提示することに大成功していると思いますね。

あと、これはまさに3.11以降のディザスター映画としての、ひょっとしたら作り手の矜持なのかな? とも思うんですけど。同じ、たとえば怪獣が都市破壊をする場面ね。僕はまあもちろん大好物なんですけど。たとえば平成ガメラだったらですよ、やっぱりその都市破壊が始まる前に、調子こいて……つまり、明らかに作り手が好意を抱いていない若者の描写とかがあるわけですよ。『ガメラ3』の渋谷破壊だったら、渋谷でなんかキャッキャキャッキャやっている、イケ好かない若者の描写があるとかね。あとは、「どうせ怪獣が来ても関係ないっしょ?」とか言って調子こいている若者描写が先にあってからの、そいつらがドカーン! とやられる。言っちゃえば、作り手自身の現実破壊願望が割とストレートに出ていたと思うんですよね。ちょっと前までのディザスタームービーっていうのは。もいま思えば、むしろ牧歌的な感覚だなと思うんだけど。

今回は、でもそういう風に、言わば「わかっていない一般市民」みたいなのに、なにか、なんであれ死の責任を転嫁するような視点みたいなのは一切排されてますよね。と、思います。もちろん、一旦ゴジラが海に戻っていって、夜が明けたらなんかバーでかかっているような「オシャレなジャズ」がかかって、っていう、ああいう音楽でのハズし演出みたいなのはすごい庵野さんっぽいとも思うけど、そうやってちょっと一瞬俯瞰的に……要するに世の中全体が若干油断をこいているみたいなのは、もちろん俯瞰的には出すんだけど。個人に、なんか殺されてしまうなにかを負わせるような描写を……だから僕は被害者描写を一瞬だったり、間接的にしかしていないっていうのはそういう物語性を負わせないっていう意味があると。

で、僕はこの非物語的なのがむしろ生々しく感じるんですね。一瞬しか映らないから、その人たちがどうだかわかんないけど、ただ、「この人たちは死んだ」っていうのがむしろ現実に近いっていうか。「ああ、あそこにいるあの人、死んじゃったと思う」みたいな感じがむしろ生々しく感じられて。そのせいもあるのか、個人的には恥ずかしい話ですけど、ゴジラが火を吹くっていうさ、それ自体はもう当たり前にも思えてしまうような展開が、本当に絶望的恐怖を今回感じさせるんですけどね。火を吹く場面。ブワーッて。僕、ここで東京が焼かれてしまうっていう場面で、まあその非常に美しい……恐ろしいその美しさに半ば陶然として、「ああ、きれいだ。すごい。怖くて美しい……」と陶然としながら、はじめてこういう場面で「悲しくて」泣いちゃって。っていうのはもう、「ああ、東京が……僕が生まれ育った大好きな街が焼かれちゃう……」って本当に思って泣いちゃったっていうのははじめての経験でございました。

ということで、はっきり言って個人的にはここまででもう1000億点ぐらい出ているんですけど。で、ですね、さっき言ったように冒頭から始まってゴジラが止まって、「東京を核攻撃する」って世界が決定してしまうあたりまで、ひたすら、いまの日本人が内心恐れている事態っていうのを徹底的にやっていくと。僕なんか最後は泣いちゃうぐらい徹底的にやられてしまうと。それをやっておいてからの、第三幕。ここから、ここまで「日本人的に辛い」っていう状況があるわけね。日本人的に辛いっていう状況が180度、完全に逆転する。具体的には逆にひたすら、日本人がその「底力」を発揮する。そしてそれが見事に功を奏して、なんなら世界からも一目おかれちゃうという、モロに『プロジェクトX』的な、はっきり言ってしまえば我々の、「願望」です。我々の願望が、それも限りなくスムースに成就する。そしてそれによってカタルシスをもたらすという、構造的には実は極めて単純。ながら、振り切り方が極端なため、やっぱりちょっといびつな構造、作りを持っていると思います。

ただしね、その最後の我々の「こうであってほしい」という願望が成就するところのカタルシスは、現実のたとえば原発事故とかのメタファーであるということの意味もあるので、まあ日本人的に慎ましくも、「喜び半分」くらいのバランスにとどめてあるため、そこまで浅ましい感じはしないようにはなっていると思いますよね。で、『シン・ゴジラ』、いま大ヒットしてますけども。まさにその部分でも……要するに、日本人的に「嫌だな、嫌だな、嫌だな」っていうそこを散々刺激された後に逆転してみせるっていう、その構造が受けているっていうところがやっぱりあると思うんですよね。で、実際にゴジラを止めるというより、世界の核攻撃を止めるというための、あのヤシオリ作戦。まあ、まさにエヴァのヤシマ作戦的。っていうか、そもそもエヴァが庵野監督の大好きな特撮ミリタリズムみたいなのをアニメでやってみせた作品というかね。

自主で撮られていた『帰ってきたウルトラマン』って僕、後から見ましたけど。あれとかも、特撮ミリタリズム部分がいちばん力が入っていた部分だったりするので。それがグルッと回って実写特撮に帰ってきたと言うべきですね。だからルーツに帰ってきたっていうことだと思うけど。とにかくあの『宇宙大戦争』のマーチに合わせてですね……

(BGM:『宇宙大戦争』のマーチが流れる)

ああ、いま流れていますけどね。この、「まんま」な音像感がやっぱり(タランティーノ的な)サンプリングセンスだと思うんだけど。これもやっぱり鉄道マニア、庵野さんらしいですね、言ってみれば日本的なるものの痛いところをグリグリグリグリやってきたその怪物に、「日本的インフラ」が反撃するっていうことですよね(笑)。で、この発想がすごいフレッシュだし、アガる! というね、これはあると思いますよね。「無人在来線爆弾ってどういうこっちゃ!?」って、アガってしまいました。で、ここ、実際はたしかに死んでいる人はいっぱいいるんだろうけど、そこはむしろ全く強調せずに、ひたすらアゲに徹しているということだと思います。

まあね、冷却剤をチューッてするあの車がね、特に第二波で、なんであんなにいきなりジャストな位置にいるんだ? みたいなそういうレベルの突っ込みもできるはできるんだけど。それよりね、ただその「日本はやっぱりダメか……」を散々やっておいて、「いや、行ける!」っていうね、半ば願望としてそれを逆転させるエンターテイメントである、その構造であることからか、たとえば外国とか外国人っていうもの全般に対する、これはコンプレックスの裏返しだから構造的にしょうがないんだけど、ちょっとステレオタイプな認識とか描き方すぎないかな?っていうのが、ちょっと僕は嫌な感じがする。つまり、なんかこう、やっぱり日本オタク文化の内向きな目線みたいなもの。で、そこに鼓舞されるってちょっと本当はどうなんだろうな? みたいな感じがしてしまう。

せめて、第三幕以降、理想化された「人間ナメんな!」展開ですね。人間の叡智を結集させるという展開でひたすらアゲていくっていうなら、せっかく、要するにアメリカ人研究者チームが合流しているんだから、その政治的判断はともかく、そこで研究者チーム同士はミニマムな描写でもいいから、わずかでも人間的にわかりあっているとか……たとえば、「核攻撃しかないのか?」っていう時に、その研究者は「いや、それは(日本人チームと親しくなってしまっただけに)忍びないのだが……」(と悩むような人間的な側面を見せる)とか、そういうミニマムな描写でも入れることはできたんじゃないか?っていう風に思いますね。

でも基本的に大量に出てくる日本人俳優、一種様式的な演技トーンで統一されているので、いまどきの日本の大型エンターテイメントの中では本当に安心して見通せる作品ですし。まあ、日本人観客の無意識を投影する存在としてのゴジラっていうのの、その無意識の投影の危うさも込みで、必見な作品なのは間違いないと思います。とにかく、めちゃめちゃ怖いゴジラ。たぶんいままでのゴジラでいちばん怖いっていうところを実現できているだけでも本当にあれですし。まあ、言った通りでございます。いろいろ切り口あるね。これじゃ足りないかもかもしれませんけどね。ということで『シン・ゴジラ』、もう絶対に必見の一作だと思います。あえて言えば……タイトルがまだあんまり好きじゃない!

(ガチャ回しパート中略 〜 来週の課題映画は『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』に決定!)

以上、「誰が映画を見張るのか?」 週刊映画時評ムービーウォッチメンのコーナーでした。

+++++++++++++++++++

過去の宇多丸映画評書き起こしはこちらから!