お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


料理を通して、難民のことを知る。

人権TODAY

毎週土曜日「堀尾正明+PLUS!」内で8:15頃に放送している「人権トゥデイ」。
様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。

料理を通して、難民のことを知る。

人種や宗教、政治的な問題などから迫害され、やむを得ず、
自分の生まれ育った国を逃れた人々、難民について取り上げた本を紹介しました。

日本にいる難民を支援している 東京のNPO法人「難民支援協会」が発売した
「海を渡った故郷の味」です。

表紙には、エチオピアの民族衣装を着た難民の姿と、エチオピアの鶏肉の煮込み、
ドロワットという料理の写真。
この「海を渡った故郷の味」にはエチオピアの他、ウガンダやカメルーン、
ネパールやビルマ(ミャンマー)の少数民族、カチンやカレンなど15の国と
地域の合わせて45の料理のレシピが掲載されています。
そして本をめくると、スパイスやハーブを使った香り豊かな料理が
本をめくると、次々と登場します。

6月20日は世界難民の日。
それにちなんで、難民支援協会が、料理の香りや味を実際に楽しんでもらおうと、
チャリティートークイベントを開いたので、取材しました。

イベントではまず、アロマやハーブの専門のお店を経営する林真一郎さんが、
イラン料理で使われるハーブやスパイスの実例をあげて、
身体への作用や、伝統医学で果たしてきた役割について、解説しました。

参加者は話を聞きながら、「海を渡った故郷の味」に載っている、
中東のクルド民族の料理、○挽肉たっぷりクスクスの包み揚げ、イチリキョフテ
○ピーマンとナスの肉詰め煮込み、ドルマ。
それにパキスタンの○ナッツとレーズンのパンプディング、3つの料理を楽しみました。

参加者に話を聞くと、
「とても美味しかったです。特にパンプディングと、なすに巻かれた
 クスクスの料理が私は気に入りました。
 料理やハーブやスパイスなどに興味がある人も難民について学ぶ
 良い機会だと思いました」という答えや、
「すごい、美味しかったです。レシピ本を見てちょっと作ってみようかな、
 と思いました」という答えが返ってきました。

「海を渡った故郷の味」に載っている料理は、日本にいる難民の方が、
スーパーや通販など基本的には日本で手に入る食材を使って、
工夫して作ったものだそうです。誰でも手軽に真似して作れるわけです。

そして、この日は、料理を提供した難民の一人、
イラン人の40歳代の男性が参加者の前で話をしました。

男性によると、イラン料理の○ナスとレンズ豆のトマトシチュー、
○鶏肉とザクロのカラフルライスはどちらも誕生日パーティとか
結婚パーティで定番の料理だそうです。
そして○イエローライスの冷たいデザートは、名前の通り、
冷蔵庫でよく冷やしてから食べてくださいということでした。

この男性は小さい頃から母親が作っているのを横で見ていて、
作り方を覚えて、自分でも作るようになったということです。
ほんとにその方の故郷の、「家庭」の味なんです。

そして、男性は、難民になった理由や、日本で難民認定を申請してから
認められるまでの間の苦しい生活のこと、難民認定後の現在の生活や
将来の夢について語りました。

また、難民支援協会広報部の田中志穂さんが、日本では去年、2500人を超える人が
難民認定を申請しましたが、認められたのはわずか18人で、
欧米諸国に比べてもかなり少ないことなどを補足していました。

「海を渡った故郷の味」にはレシピだけでなく、レシピにまつわるエピソードや
難民の方の話、難民の方の出身国・地域の状況、難民とはどういう存在なのか、
といったことも載っていて、一歩進んで知りたい人にも満足できる内容になっています。

難民支援協会の田中さんは

田中さん
『 まずは、単純に食としていろいろ魅力的な料理があるので、
 ぜひ作って食べていただいて、それをフェイスブックとかで感想を
 載せることで、多くの方に知っていただくようなことを
 一緒にやっていただけたらな、と思います。
 さらには、五感を通じて何か感じるものから、難民の人に思いを馳せたり、
 共感をしたり、そこから、私たちの社会で逃れてきた難民の人がいる
 ということをさらに一歩踏み込んで理解をして、
 知る機会をまた持っていただけたらな、と思います』

と話していました。

「海を渡った故郷の味」は1冊1575円。
興味のある方は難民支援協会のホームページを見るか、
03-5379-6001まで問い合わせ下さい。

担当:崎山敏也

<関連情報・お問い合わせ先>
認定NPO法人難民支援協会
http://www.refugee.or.jp/