お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


認知症の人や家族の集いの場「認知症カフェ」

人権TODAY

毎週土曜日「堀尾正明+PLUS!」内で8:15頃に放送している「人権トゥデイ」。
様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。

認知症の人や家族の集いの場「認知症カフェ」

今日は、最近、全国に広がりを見せている「認知症カフェ」について、お伝えします。
ちょっと耳慣れない言葉かもしれませんが、認知症の人や家族が集まって、
悩みを相談したり、介護の情報を得たりする場所です。

ひとくちに「認知症カフェ」といっても、毎日開いている常設のものから、
月1回程度開いているもの、「認知症カフェ」と名乗っているところ、
認知症の方とお年寄りが一緒に利用しているところなど、形はさまざまです。

今回は、東京都武蔵野市で13年前から営業を続ける「そ~らの家」を取材しました。
この施設は、ご自分で通って来られる元気なお年寄りを対象にした
ミニデイサービスを行っています。

お邪魔した時には、みなさん、コーラスの練習をしていらっしゃいました。
聞いていて、暖かい気持ちになる歌声でした。
この日は、女性14人、男性3人の、合わせて17人のお年寄りが集まって、
発表会に向けたコーラスの練習をしていました。

1回の利用料金は500円。
皆さん、11時過ぎに集まり出して、歌や体操をした後、
手作りの美味しいお昼ご飯を食べて、
1時半から3時まではコーラスのレッスンをしていました。
その後、お茶を飲んで、午後4時には帰って行きました。

「そ~らの家」を運営している、地域の有志の集まり・グループ萌葱(もえぎ)代表の
垣原睦恵(かきはら・うつえ)さんにお話を伺いました。

垣原睦恵さん
『 もう、ここも13年経ってますから、最初は健常者であっても、
 徐々に徐々に認知症になられる。
 それで、私どもは、ほとんど毎週見ていますから、
 「あ~、ちょっとどんどん進まれているな」と。
 で、家族にお話しして、「あっ、思い当たるは。こういうこともあったな」
 ということで、「本当に有り難う」と言われていることも、まま、多いんです』

徐々に進む病状は、ご家族はなかなか分かりにくいのかもしれませんが、
そこを、施設の方が冷静な目で見て下さっているんです。
ご家族の方も、色々な意味で本当に助かっているようなんです。

奥様と一緒に「そ~らの家」に来ていた男性の声をお聞き下さい。

男性
『 毎日、あのう、食事の支度を私がしてますから、1食、
 準備をするのが助かるわけですね。
 それから、その後、皆さんが一緒に歌を歌ったりして、
 3時頃まで過ごしてくれますでしょ。私は、自分の好きな勉強。
 というか、ここでもって、本を読んだり、1時間半、
 自分の時間がここで持てるんですね。
 ですから、ここに来ていると助かるんです。うふふふ』

普段、何かと気苦労が多いご家族も、ふっと息を抜ける場所になっているんです。
今度は利用者の方の声をお聞き下さい。

利用者
『 僕、ひとり暮らしなんですよね今。まあ、寂しいということもあるし。
 お昼にね、ここで食事が出るんです。そうすると、くっついているのが、
 こういう歌とかね。これまた健康に良いと思うんです。
 お付き合いさせてもらう。で、「帰る」って言うと、
 「まあ、しばらくいてよ」なんて言われたりしまして…』
『 私は、歌が大好きだから、歌えることが嬉しいんですね。
 それから、皆さんとね。同じような年の方とお話しできますし、
 こうして、美味しいものも頂けますし、うふふふ』

皆さん、とても楽しみにされているようです。

今、全国に広がりを見せている認知症カフェ。
その意義を、グループ萌葱(もえぎ)の垣原睦恵さんはこう話しています。

垣原睦恵さん
『 認知症って、いつ誰もならないっていう保証もないし、
 ただ、恐怖心は皆さんありますよね。
 「ああいう風になったらどうしようかしら?」って。
 「でも、ここへ来れば、また皆んなとおしゃべりができる」
 という安心感もあるわけです。
 「ここに来れば良い。会える!」と皆さんに。
 だから、その皆さんが、ここに気安く来て下さって、
 居場所として利用して頂ければ一番良いかなと思っています』

公益社団法人「認知症の人と家族の会」の調査によりますと、
「認知症カフェ」は、2012年末時点で全国9都府県26カ所あったそうです。

認知症の人の増加を受けて、厚生労働省が去年、「認知症カフェ」の普及を盛り込んだ
「認知症施策推進5カ年計画」通称・オレンジプランを策定したことで、
行政の支援を受け易くなったこともあり、今後ますます増えてくると思います。

担当:長田新

<関連情報・お問い合わせ先>
そ~らの家(グループ萌黄(もえぎ)・代表・垣原睦恵さん)
0422-71-3336