お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】特集「名古屋入管で亡くなったスリランカ人女性の遺族の思いとは」ワヨミ・ニサンサラ×指宿昭一▼2021年6月15日(火)放送分(TBSラジオ『荻上チキ・Session』平日15時半~)

荻上チキ・ Session

TBSラジオ『荻上チキ・Session』(平日午後3時半~生放送)
『荻上チキ・Session-22』から続く、新世代の評論家・荻上チキと南部広美がお送りする発信型ニュース番組。

6月15日(火)午後4時半ごろから「Main Session」

時事問題や社会問題などを特集するコーナーです。

特集「名古屋入管で亡くなったスリランカ人女性の遺族の思いとは」

 

【ゲスト】


名古屋入管で亡くなったスリランカ人のウィシュマ・サンダマリさんの妹、ワヨミ・ニサンサラさん


遺族の弁護人を務める指宿昭一さん

【翻訳・吹き替え】
翻訳 ナレンドラ U.N ケピティポラさん


吹き替え TBS宇内梨沙アナウンサー

今年3月、名古屋出入国在留管理局の施設、いわゆる入管に収容されていたスリランカ人女性、ウィシュマ・サンダマリさん33歳が、体調不良を訴え続けた末に亡くなりました。

ウィシュマさんは、2017年に留学生として来日。去年8月に元交際相手からのドメスティック・バイオレンス被害を訴え、警察に保護を求めました。しかし、日本語学校の学費が支払えず、退学となっており、在留資格を失っていたことから、名古屋入管の施設に収容。

支援者などによりますと、今年1月頃から吐き気・嘔吐、食欲不振などの体調の悪化を訴えており、仮放免を申請するも認めらず、今年3月6日、収容中に亡くなりました。

体重は収容から半年で20キロ近く減っていて、適切な医療を受けさせてもらっていなかったのではないかとの指摘が、遺族や支援団体などから上がっています。

一方、妹のワヨミ・ニサンサラさんは、真相解明のため、今年5月に来日。名古屋入管に訪れたほか、上川法務大臣に面会するなどし、ウィシュマさんの収容中の映像の開示を求めていますが、「保安上の観点」などを理由に法務省は開示には応じていません。

きょうは、来日中のワヨミさんに、名古屋入管での対応や大臣との面会、姉への思いなどを伺ったインタビューをお送りします。

6月15日(火)放送メニュー

▼15時30分 オープニング

▼15時35分頃 Daily News Session
当日の主なニュースを紹介&解説します。

▼15時50分頃 はぴねすくらぶラジオショッピング

▼16時00分 Daily News Session
引き続き、当日の主なニュースを紹介&解説します。

▼16時30分頃 Main Session
時事問題や社会問題などを特集。
「名古屋入管で亡くなったスリランカ人女性の遺族の思いとは」

▼17時15分頃 Front Line Session
最新の社会、経済、テクノロジー、カルチャーまで、様々な最前線で活躍する方々に、今何が起きているのか伺っていくコーナーです。

===============================
「荻上チキ・Session」
TBSラジオで平日午後3時半から生放送!
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================