お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

東京大学名誉教授の月尾嘉男先生に聞く「人生、いつ、なにが起こるかわからない!」ことについて

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”TBSラジオで放送中の「生島ヒロシのおはよう一直線」(毎週月曜~金曜 朝5時30分~6時30分)ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードにをコンセプトに生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


毎週月~金曜日の5時45分頃からは、日替わりでお送りする「うるおい生活講座」
今朝は・・・東京大学名誉教授の

月尾 嘉男 先生

「人生、いつ、なにが起こるかわからない!」ことについて、お話頂きました。

 

世界では、意外な死因の原因が?

コロナウイルスは相変わらず猛威をふるっており、この1年半で日本では約1万3500人の方々が亡くなっています。
1年に換算すれば8300人くらいになり、10万人あたりでは7.1人が死亡していることになります。これがどの程度かということを知るために、2019年の日本の死亡原因を10万人あたりで比較すると、1位はガンで304人、2位は心臓疾患で168人、3位は老衰で98人、4位は脳溢血など脳の病気で86人、5位が肺炎で77人という順番です。(コロナは8位)。これを多いと考えるか、少ないと考えるかについては様々な意見があると思いますが、例えば、事故のうち家庭内で転倒して死亡する人が年間1万4000人くらい、10万人あたりでは11人とコロナウイルスによる死亡の1.5倍になるので、高齢者の方々はコロナウイルスの感染に注意するとともに、転倒にも注意する必要があります。
日本には地震、雷、火事、親父という言葉があるように、親父を除いた災害が危険です。雷が原因で死亡する人は、世界で年間25万人。そのほか、ハチに刺されて死ぬ人が世界で年間に8万人、イヌに噛まれて死ぬ人が5万人という推計もあります。コロナ以外にも、どこに危険が転がっているか、人生いつ何が起こるかわかりません。

詳しくはradikoのタイムフリーでお聴き下さい!

 

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)