お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【放送後記 6月7日放送分】世界的な環境問題に取り組む 高間剛さん▼護国寺で発声練習! 日本大学豊山高等学校・中学校▼石井大裕×美空×山本楽(TBSラジオ ・月曜21時~)

TOMAS presents High School a Go Go!!

TBSラジオ
TOMAS presents High School a Go Go!!』(毎週・月曜夜9時~9時30分)

「High School a Go Go!!」は、「学校」を取りまく
いろいろな話題にスポットを当てて、高校生の興味ある話題や悩み、
そして疑問などを直撃取材する「高校生活応援プログラム」です。
ハイスクール・ア・ゴー・ゴー、通称「ハイゴー」です。

▼メインパーソナリティ:TBSアナウンサー・石井大裕

石井大裕

▼2021年6月7日(月) 放送後記

スタジオは、高校1年生の美空(みく)さん、そして
高校3年生の山本楽(やまもと・がく)さんとお送りしました。


 

<高校生の主張>

番組レポーターが各地の高校にお邪魔して、

直撃インタビューをする「高校生の主張」のコーナー。

新型コロナウイルスの感染防止対策をじゅうぶんに行い、

高校とも時間をかけて対策について話し合ったうえで

学校をお訪ねし、短時間の取材を行いました。

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

今回、お邪魔したのは、東京都文京区にある

日本大学豊山高等学校・中学校です。

「日大豊山」は、創立が「明治36年」という伝統校で、

日本大学の付属校としては唯一の男子校です。

学校の校訓には「強く正しく大らかに」を掲げています!

今回は日大豊山高校の「放送部」を訪ね、

部長で3年生の、小野田渓人(おのだ・けいと)さん、

2年生の浅見優成(あさみ。ゆうせい)さん、そして、

1年生の橋爪智慈(はしづめ・ともよし)さんに、

TBSアナウンサーの喜入友浩がお話を伺いました。

 


喜入友浩アナウンサー

まずは放送部の活動内容を教えてください
生徒の皆さん
「放送部の活動ですが、日々の校内放送や行事の時は、音響や照明なども行っています」(小野田さん) 「活動の前にコード巻きや発声練習などを行っています。(コード巻きとは)20メートルほどのコードを、なるべく素早く、きれいに巻けるようにする練習です」(浅見さん) 「(発声練習は)学校の隣に『護国寺』いうお寺があるのですが、そこまで行って、『あめんぼあかいなあいうえお』という練習を、部員皆で交互に言ったり、五十音を『ア行』から『ワ行』まで一斉に言ってゆくようなことをやっています」(橋爪さん)

 

 

喜入友浩アナウンサー

放送部としての今後の目標を聞かせてください
生徒の皆さん
「部の目標は、『NHK放送コンテスト』にて全国で優勝をすることです。また、日大豊山放送部の名を、もっと広めていきたいです」(小野田さん) 「(個人としての目標は)『NHK放送コンテスト』の朗読部門に毎年出場しているのですが、まずは東京都の決勝まで進みたいです。中学2年生の時に一度だけ、決勝に行かせていただいていますが、やっぱりもう一度同じところに立ってみたいなと感じています」(浅見さん) 「僕は今回、 『NHK放送コンテスト』で初めて朗読をさせていただきます。初めてなので、とても難しいと思うのですが、やっぱり決勝まで行きたいです」(橋爪さん)

 

 

<なんでも課外授業>

「学校ではあまり教えてもらわないかもしれないこと」を

ゲストを招いて色々と教えてもらうコーナー。

環境問題の専門家で、世界的な環境問題に取り組む

高間剛(たかま・たけし)さんに伺いました。

インドネシアの「バリ島」と回線を繋いで、いろいろとお聞きしました。


 

高間剛さん
高間剛さんは、昭和48年生まれ、愛知県出身。イギリスのオックスフォード大学の大学院で環境学の博士課程を取得。気候変動や環境分野の専門家として、JICAや国連、アジア開発銀行、ドイツ政府、スウェーデン政府、EUなど、40以上の国際的な環境プロジェクトに20年ほど従事されています。また、環境シンクタンクのランキングで世界1位の「ストックホルム環境研究所」のアソシエイトと、バリ島の「ウダヤナ大学」の客員教授も兼務されるほか、インドネシア・バリを拠点とする、環境シンクタンク「Su-re co」のCEOも務められています

石井大裕アナウンサー
高間さんが「Su-re co」で手掛けているのは、どんな活動でしょうか
高間剛さん
シンクタンクとしては、EUから予算をいただいて、ヨーロッパの研究者の方たちと共同研究をしています。具体的には気候変動とエネルギーに関する研究をしています。この研究は世界中にケースがあるのですが、私はそのインドネシアのケースを担当しています。さらに、ビジネスとして、コーヒーやチョコレートの農家のサポートをしています。農家さんにバイオガスの装置という、牛の糞尿からメタンガスを取って、それを料理に使い、そこからまた有機肥料を作るような装置を導入したり、農家に対して『気候変動スクール』を行い、バイオガスの導入やコーヒーの購入、さらに、それを研究の一部として論文で発表するなどしています
    

石井大裕アナウンサー
今の世界が抱えているインドネシア抱えている「環境問題」を高間さんはどのように捉えてらっしゃいますか
高間剛さん
意思決定の基準になってきていると思っています。基準というのは、もちろん法的に定めなければならない基準もあるでしょうけれど、例えばビジネスを行う上でおそらく20前だと、きっと「環境保護」ということが「費用」でしかなかったのが、今は、環境保護を打ち出すことによって、ある意味、ビジネスチャンスになってくると思っています。ですから、規制というだけではなく、ビジネスや他の活動するにしても、「環境」が「活動するための基準」になってきていると感じています

 

高間剛さんのお話しは、世界的な環境問題を知る
良いきっかけとなりました。
日本の高校生に向けて、温かいメッセージもいただきました。

番組は、下記ののバナーをクリックして、
radikoのタイムフリーでお聴きください!
放送後1週間以内、聴くことが出来ます!

『HighSchool a GOGO!!を聴いてみる』http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20210607210000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

※番組では、取材に来てほしい高校、呼んでほしいゲスト、
取り上げてほしいテーマなどを募集しています。

▼番組では毎回、エンディングで、「奨学金」と題して、コンビニエンスストアやレストランなど、いろいろなお店で使用できる、なんと「1万円分」のクオカードが当る放課後クイズをお送りしています。radikoのタイムフリーで聴いて、ぜひぜひ、ご応募くださいね!

■すべての宛て先は
メールアドレス:higo@tbs.co.jp

 

日大豊山高校の取材は、「放送室」にお邪魔して行いました。
機材の充実ぶりに、「本職」の喜入友浩が驚いていました!
皆さん、頑張ってくださいね。

東京都などには、依然として緊急事態宣言が出ています。
あらゆる場面で大変な毎日が続いていますね。
皆さん、手洗いやうがいなどの感染防止策をとりながら
少しでも充実した毎日を送ってくださいね。
番組も、収録や取材において、万全の対策をとってまいります。
これからもよろしくお願いいたします。

===============================
TOMAS presents High School a Go Go!!」
TBSラジオで毎週・月曜夜9時から放送!
番組ではインスタグラムでも発信中
*また、ツイッターも発信中。#higo954
*ラジオはFM90.5/AM954
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================