お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

最新バイオハザードにも?ゲームを楽しむ「ウォーキングシミュレーター」という考え方【クラベ・エスラが解説】

アフター6ジャンクション

様々な文化の研究・発信・そしてさらにその先を垣間見て「聞けば世界がちょっと変わるといいな!」な特集コーナー「ビヨンド・ザ・カルチャー」、6月3日は…「ただ歩くだけ!だが、それがイイ!ゲームのひとつの可能性、ウォーキング・シミュレーターという考え方 by クラベ・エスラ」

アクションやキャラクターデザインなどを極力排し、「ただ歩くだけ」というゲームジャンル「ウォーキング・シミュレーター」を、ご存じでしょうか?もとはインディゲームを中心に発展したジャンルですが現在、バイオハザード・ヴィレッジや、アンチャーテッド・シリーズ、ドラゴンクエストⅪなど大規模な商業作品にも、その要素が取り入れられるなど評価が高まっているそうなんです。 ということで、ウォーキングシミュレーターの成り立ちや現在の発展、おススメ作品などについて知る特集!

解説は「ゲームで歩く」といえばこの人、ゲームメディア「IGN JAPAN」のクラベ・エスラさんでした!

 

紹介したゲームは…

①『#GoneHome』廃墟
②『#Firewatch』炎
③『#還願 ー Devotion』台湾の旗
④『#最涯の列車 時の終わり、大地の始まり』鉄道車両