お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ

6月6日(日)のゲストは、演歌歌手・大江裕さん▼メッセージテーマは「体にまつわる話」

安住紳一郎の日曜天国

キービジュアル 2017年10月~

毎週日曜 朝10時から生放送でお送りしているTBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」6月6日(日)の放送は…

▼ゲストに、演歌歌手・大江裕さんをお迎えします。

▼メッセージテーマは、「体にまつわる話」です。

ちなみに、にち10スタッフの「体にまつわる話」は…、

「私は体毛が薄い。おっさんになったら生えてくるものと思い込んでいたが、腕もスネも中学生の頃とほとんど変わらなかった。そのせいか、何故か、ほっぺたや耳たぶから急に毛が生えてくることがある。人間の体って神秘的だなあと思いますね」(40代♂・プロデューサー)

「小学6年生時の身体測定で身長が縮んだのに座高が伸びたことがあります。足が…縮んだのでしょうか。ちなみに今でも足は短く、座高は高めです」(30代♂・ディレクター)

「左腕に生まれつきのアザがあるのですが、親からは『前世でお別れした運命の人と今世でも会えるように、目印としてあるんだよ』とロマンチックなことを言われていました。そして、会社で全く同じ位置にアザがある人と出会いました。しかし、既婚者子持ち。運命って過酷…」(20代♀・アシスタントディレクター)

「耳鼻科で『耳の中が細い。右耳は中学生並みで、左耳は小学生並み』と言われ、副鼻腔炎になった時には吸引しながら『鼻腔が細いね〜』と驚かれました。そんな見えないところばっかり細くても、何も嬉しくありません。あたしゃ、足とか腕とか『細い!』と言われてみたいのよ」(30代♀・お出かけリポーター)

「先日、早朝に近くの公園を通ったら、お年寄りが集まってラジオ体操をやっていた。懐かしいなと思い、滑り台の影でこっそり参加してみた。ラジオ体操をやるなんて中学生以来だったが、不思議なもので体が覚えていた。そして、ラジオ第二・冒頭のゴリラみたいなポーズに恥じらいを感じることもしっかり体が覚えていた」(30代♂・構成作家)

「高校2年の秋、盲腸の手術を受けた。腰椎麻酔がめちゃくちゃ痛かった。そして、手術中、執刀医から『いい腹筋してるねー!』と言われ、嬉しかった! めちゃくちゃ嬉しかった!! 30年前の話です」(40代♂・構成作家)

メッセージを紹介した全ての方に、イラストレーター・伊野孝行さん制作、NEWオリジナルポストカード「一休み、一休み。」をお送りしています!Let’sハッスル!