お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

暑い夏も風情のある夏に「江戸切子」

檀れい 今日の1ページ

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。今朝は、夏を涼しげに演出してくれる、江戸切子のお話でした。

江戸の伝統が息づく、江戸切子のグラス。
一杯のお水も、繊細なカットがほどこされた、美しいグラスで飲めば、特別おいしく感じられます。

江戸切子には、天保5年・1834年、江戸大伝馬町のビードロ屋、加賀屋久兵衛が、ガラスの表面に彫刻したのが、はじまりと言われ、明治に入りますと、官営の工場ができて、カットの指導者として英国人が招かれました。明治時代は、ガラスのうつわが普及した時期でもあり、切子は盛んに作られるようになりました。そして、大正時代になりますと、素材の研究が進み、研磨の技法も開発されて、江戸切子の品質は、ますます向上していったそうです。

現在は、「東京都の伝統工芸品産業」に指定され、さらには「国の伝統的工芸品」にも指定されています。つまり、東京都と国を代表する工芸品ということですね。

さて、江戸切子の「定義」もご紹介しておきましょう。
江戸切子協同組合の組合員が作成したもので、それ以外の製品に「江戸切子」の名前を使用することはできません。組合よれば、現在 およそ100人ほどの職人さんがいらっしゃるそうです。

そして、次の条件にもとづいて作られています。
1、ガラスである
2、手作業でつくられている
3、主に回転道具を使用する
4、指定された区域で生産されている
「3」の回転道具は、文様を削るときや美しい光沢を出すために研磨するときに使われるそうです。

そして、江戸切子の魅力ですが、まずは文様。
矢来、魚子文、麻の葉文、七宝文といった伝統的な文様や、これらを組み合わせた文様、あるいは、まったく新しいデザインがほどこされます。また、「底菊」のように、グラスの底に大きな菊の花を彫ったものもあります。これは、飲み物に、菊の花が浮かんで見える、という趣向。のぞき込むのが楽しくなりそうです。

そして、美しい文様を引き立てるのが、色です。無色透明のガラスに、薄い色ガラスを着せたものを、「色被せガラス」と呼びます。よく使われる色は、瑠璃色と呼ばれる青と、金赤色とよばれるピンク。そのほかにも、さまざまな色があります。

ひとつひとつが手づくりなので、高価ではありますが、使ってみれば、暑い夏も必ず風情のあるものに。まずは、江戸切子協同組合のホームページで、気になるものをさがしてみてはいかがでしょうか。


ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。