お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

「ラウンド」「バロック」「ドロップ」「オーバル」・・・真珠の種類

檀れい 今日の1ページ

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。今朝6月1日は、日本真珠振興会が制定した「真珠の日」ということで、「真珠」にまつわるお話でした。

真珠は、アコヤ貝、クロチョウ貝、シロチョウ貝、といった、貝の中でできるもの。天然の場合は、砂などの異物が核となり、それを真珠層が覆ってゆきます。養殖では、人工的に「核」を入れ、そこに、真珠層をまとわせます。こうしてできた真珠は、アクセサリーのデザインによって、清楚になったり、ゴージャスになったり、いろいろな表情を持つことになります。

さて、アクセサリーにする「真珠」には、グレードがあります。大きさや色など、さまざまな違いによって価値が決まるのです。
たとえば、「照り」。
真珠の光沢を「照り」といいます。真珠層が均一で、表面が滑らかなほど、照りはよくなります。いいものですと、まわりのものがクリアに映り込み、自分の顔もうつるといいます。

真珠の「巻き」も、真珠の価値を決めるポイントのひとつです。
「巻き」は、「核」を覆う真珠層の厚さ。
厚いだけでなく、キメの細かい真珠層によって形成された真珠は、内側から発するような深い輝きが見られるそうです。

そのほかに、色や大きさ、それから、形も、価値を決めるポイントになります。
形では、完全にまるい「ラウンド」、それに次ぐまるさの「セミラウンド」、変形した「バロック」、しずくの形の「ドロップ」や、楕円形の「オーバル」があります。

完全にまるい真珠は、大きくなる程、手に入れるのが難しいので、評価は高くなりますが、形が整った「ドロップ型」も評価が高いといいます。そして、大きさや形が二つ揃えば、高価なイヤリングになります。

さて、最後は、真珠のネックレスの長さによる呼び方の違いをご紹介しておきましょう。

40センチ前後は「チョーカー」か「プリンセス」。
80センチ前後は「オペラ」
二重三重にして使う120センチ前後は、「ローブ」。
また、金具を使わないものは「エンドレス」などと呼びます。

プリンセスで清楚に装うのか、それとも、ローブで豪華に装うのか、皆さんはどちらがお好みでしょうか。


ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。