お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【放送後記 5月31日放送分】「日本の社会問題を解決するのは若い世代の皆さんです!」 稲垣葉子さん▼台湾の高校生とオンライン会話 日出学園中学校・高等学校▼石井大裕×美空×山本楽(TBSラジオ ・月曜21時~)

TOMAS presents High School a Go Go!!

TBSラジオ
TOMAS presents High School a Go Go!!』(毎週・月曜夜9時~9時30分)

「High School a Go Go!!」は、「学校」を取りまく
いろいろな話題にスポットを当てて、高校生の興味ある話題や悩み、
そして疑問などを直撃取材する「高校生活応援プログラム」です。
ハイスクール・ア・ゴー・ゴー、通称「ハイゴー」です。

▼メインパーソナリティ:TBSアナウンサー・石井大裕

石井大裕

▼2021年5月31日(月) 放送後記

スタジオは、高校1年生の美空(みく)さん、そして
高校3年生の山本楽(やまもと・がく)さんとお送りしました。


 

<高校生の主張>

番組レポーターが各地の高校にお邪魔して、

直撃インタビューをする「高校生の主張」のコーナー。

新型コロナウイルスの感染防止対策をじゅうぶんに行い、

高校とも時間をかけて対策について話し合ったうえで

学校をお訪ねし、短時間の取材を行いました。

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

今週も千葉県市川市の日出学園中学校・高等学校を紹介します。

「誠(なおく)・明(あかるく)・和(むつまじく)」を基本に、

ひとりひとりの「自分らしさ」を伸ばす実践的な教育を行っています。

今回は、感染対策を十分に行った上で、日出学園中学校・高等学校の

「バトントワーリング部」にお邪魔しました。

TBSアナウンサーの喜入友浩が、バトントワーリング部の

3年生の桑野花音(くわの・はな)さん、須賀凜佳(すが・りんか)さん

吉岡莉菜(よしおか・りな)さん、そして、2年生の

神樂梨緒(しがらき・りお)さんにお話しを伺いました。

 


喜入友浩アナウンサー

日出学園の「施設の自慢」や、授業の特徴を教えて下さい
生徒の皆さん
「(自慢は)廊下にある『勉強が出来る机』です。教室でも勉強をすることが出来るのですが、廊下(の机)だと仕切りがあって、自分だけのスペースのように学習出来ます」(桑野さん) 「私は『第二アリーナ』(が自慢の施設)です。部活動で使用している場所なので、慣れているし、安心感があります」(神樂さん) 「台湾の同じ学年の高校生たちとオンラインで繋がって、英語で、学校についてや、自分の夢のことなどを話しました。やっぱり、自分の言語ではない英語で話すのは難しかったですが、喋ってみると、伝わった時にとても嬉しく、楽しかったです」(須賀さん) 「(台湾の高校生とのオンラインでの会話で)『台湾にある特徴的な食べ物は何か?』とか、お互いの国のこと、自分の夢について話しました。私が知っている単語では『タピオカ』などの話を、向こうのかたからは(アニメの)『銀魂』のことを話してくれました」(吉岡さん)

 

 

喜入友浩アナウンサー

皆さんの将来の目標、そして就きたい職業、夢を教えてください
生徒の皆さん
「私は将来、韓国に関わる仕事に携わりたいです。コロナ禍で家で過ごすことが多くなって、そのときに韓国ドラマや音楽にたくさん触れ、それが気分転換になって私を支えてくれました」(須賀さん) 「私はまだ将来の夢が決まっていません。今、多くの人から幸せをもらっているので、私もそれに恩返しが出来るような仕事に就きたいです。大学では文芸学部に行きたいと考えています。私の志望している大学はいろいろなことを学べるので、学んでゆく過程で、夢を見つけられたら良いなと思っています」(桑野さん) 「食品メーカーに就職して、研究や開発職に就きたいです。昔から料理やお菓子作りが好きで、食品について調べることが多かったので、そこ(食品メーカー)で作り出してみたいなと思ったことがきっかけです」(吉岡さん) 「私は管理栄養士になりたいと思っています。小さい頃からバトントワーリングをやって来て、スポーツも好きで、食べることもとても好きなので、その両方に関わって、スポーツ選手の食事管理などをしたいです」(神樂さん)

 

 

<なんでも課外授業>

「学校ではあまり教えてもらわないかもしれないこと」を

ゲストを招いて色々と教えてもらうコーナー。

今週も、海外で社会問題の解決する活動をしている、

「Manasa Mora(マナサ・ムラ)」創設者の

稲垣葉子(いながき・ようこ)さんに伺いました。

西アフリカの「ギニア」と回線を繋いで、いろいろとお聞きしました。


 

稲垣葉子さん

稲垣葉子さんは、津田塾大学で国際関係学を専攻、大学3年の時にオーストラリア国立大学へ交換留学して、アジア・太平洋の国際安全保障を学びました。大学を卒業後、「JICA・青年海外協力隊」の隊員として、マダガスカルで2年間、コミュニティ開発活動に従事。そこでの経験から、社会問題を解決する「マナサ・ムラ」を創設。今年1月に開催された「日経ソーシャルビジネスコンテスト」では「マナサ・ムラ」の活動が大賞を受賞しました。現在は、「マナサ・ムラ」の活動に取り組むと共に、西アフリカのギニアにて、開発援助に従事されています。稲垣さんは、日本語と英語、フランス語、マダガスカル語の4か国語を話すことができます。

石井大裕アナウンサー
稲垣さんは、大学を卒業して就職をしようと思われたときに、どういうアクションを起こされたのですか
稲垣葉子さん
就職活動をしていたときには、大学院に進むか、JICAの協力隊に行くかという2択しかありませんでした。最終的に、JICAの協力隊に行き、マダガスカルで活動した後、イギリスの大学院で修士号を取得しました。(昔から積極的なタイプだったのですか?)そうだったと思います。二つ歳上に姉がいるのですが、その姉を見て、姉を追い越せ追い越せと積極的に活動していたのだと思っています。(ご両親の理解もあったわけですよね?)そうですね。両親はもう、私の性格をよく知っていますので、例えばアフリカに行きたいと言った時に止めはしませんでした
    

石井大裕アナウンサー
言語を覚えて喋ることが出来るようになるためのアドバイスや、夢に向かって頑張っている高校生の皆さんへのメッセージをお願いします
稲垣葉子さん
私の場合は、どんなチャンスでも掴んできました。例えば中学生時代、交換留学のプログラムがあった時にはそれに応募したり、ネイティブスピーカーの方とやりとりをしたり、オンラインでのスピーキングの練習もするなど、ありとあらゆるチャンスをものにして言語の勉強をしてきました。私も、皆さんと同じように中学の頃から英語の勉強を始めて、フランス語に関しては大学を卒業した後から始めたので、例えば自分が帰国子女では無いとか、留学の経験が無いという方も諦めずに頑張って欲しいです。日本でも様々な社会問題がありますが、それを解決するのは、今の若い世代の方だと思います。ですから、自分が興味のあることにどんどん挑戦をして、日本の社会問題の解決に貢献して欲しいです。頑張ってください

 

日出学園バトントワーリング部の皆さん、
抜群のチームワークで、この先も頑張ってくださいね!

番組は、下記ののバナーをクリックして、
radikoのタイムフリーでお聴きください!
放送後1週間以内、聴くことが出来ます!

『HighSchool a GOGO!!を聴いてみる』http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20210531210000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

※番組では、取材に来てほしい高校、呼んでほしいゲスト、
取り上げてほしいテーマなどを募集しています。

▼番組では毎回、エンディングで、「奨学金」と題して、コンビニエンスストアやレストランなど、いろいろなお店で使用できる、なんと「1万円分」のクオカードが当る放課後クイズをお送りしています。radikoのタイムフリーで聴いて、ぜひぜひ、ご応募くださいね!

■すべての宛て先は
メールアドレス:higo@tbs.co.jp

 

番組として初めて、海外と回線を繋いで、ギニアから
稲垣葉子さんにご出演いただきました。
社会貢献などの活動に携わる稲垣さんから、
高校生の二人は大きな刺激を受けたようです。
ラジオの前の皆さんも、同じような気持ちを
感じてくれたら嬉しいです。

東京都などの緊急事態宣言の延長が決まりました。
学校生活を始め、あらゆる場面で大変な毎日が続きます。
皆さん、手洗いやうがいなどの感染防止策をとりながら
少しでも充実した毎日を送ってくださいね。
番組も、収録や取材において、万全の対策をとってまいります。
これからもよろしくお願いいたします。

===============================
TOMAS presents High School a Go Go!!」
TBSラジオで毎週・月曜夜9時から放送!
番組ではインスタグラムでも発信中
*また、ツイッターも発信中。#higo954
*ラジオはFM90.5/AM954
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================