お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


5月30日(日)コロナ禍の「群馬サファリパーク」今年の様子は!?(にち10おでかけリサーチ)

安住紳一郎の日曜天国

TBSラジオキャスターの柳沢 怜です。

柳沢 怜

TBSラジオキャスター。車、音楽、お酒、野球観戦が大好き!動物にくわしい。

放送を聴いてから出かけても間に合う!
オススメのスポットから生中継している「にち10 おでかけリサーチ」

今週は群馬サファリパークについて。
昨年の今頃は、繁忙期のゴールデンウィークに約1ヶ月の休園を余儀なくされた状況をお伝えしましたが、あれから1年。
今年はゴールデンウィークも営業できたということですが、コロナ禍で来園者は例年の半分以下だったそうです。

▲ホワイトタイガー


しかし、お客さんの数が変動しても、動物たちの生活は変わりません。年間6000万円に上るエサ代を捻出するために、スタッフの皆さんは知恵を絞って頑張っています。

昨年の夏から秋にかけてはクラウドファンディングを実施。ユニークな返礼品で注目を集め、目標額を大幅にクリアできました。特に人気があった返礼品は「ライオンのひげ」。飼育員が清掃中に必死で集めた「ひげ」を瓶にいれてお守りに仕上げたところ大人気!

▲人間っぽい


意外なところでは「スタッフ用の作業着」も。園内での体験ツアー型のクラウドファンディングに支援してくれた人の多くが、こちらの作業着姿で参加したそうで。誰がスタッフか混乱する場面もあったとか。

他にも近隣の温泉施設と入園券をセットにした「日帰り温泉パック」や、数日前に発売されたばかりのLINEスタンプなどあらゆる工夫で、コロナ禍を乗り切ろうと奮闘されています。

▲飼育員さん達の力作写真で作ったLINEスタンプ


そのうえ、この時期は飼育員さんたちがいつも以上に忙しいようで・・・
昨年に続き、ウォーキングサファリ担当の飼育員・薄田美咲さんにお話を聞きました。

▲薄田さん ありがとうございました♪

薄田美咲さん
この時期は出産ラッシュで大忙し。15種類30頭羽は生まれています。特にかわいいのが「ピグミーゴート」の赤ちゃん。もともと小型のヤギなので、その赤ちゃんは更に小さくてたまらない可愛さ!

▲確かにこれはたまらない!


いまは、近くにお住まいの人しか遊びにいけない状況ですが、群馬サファリに行ったらぜひ見てほしい動物についても教えてもらいました。

薄田美咲さん
日本で群馬サファリパークにしかいないのが「スマトラゾウ」。オスのアスワタマと、メスのイダの2頭。象牙目当ての密猟により絶滅危惧種になっていて野生には2000頭前後にしかいません。飼育担当者にきいたところ「表情豊かなところがかわいい」って言っていました。

▲なにを被ったんだろう!?


インドネシアのサファリパークと姉妹提携を結んでいるご縁で、2頭は2014年に群馬サファリパークにやってきました。最近、メスのイダの皮膚を型を取って忠実に再現した“ゾウの触り心地を体感できる「シワグラス」”も発売されました。完成まで5年かかったそうです。

▲シワグラス


10頭もいるホワイトタイガーや、仲良しのスマトラゾウ2頭、今年生まれた赤ちゃんたちを、県外からも見にいける日が早く来てほしいですね。

※写真提供:群馬サファリパーク