お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

中島誠之助さんの経験上、買い物をする時「これは儲かった!」と思って手に入れた品物は必ず損をする。品物に対する「好き」という気持ちが一番大切!

伊集院光とらじおと

毎週月曜日~木曜日、朝8時30分からお送りしているTBSラジオ「伊集院光とらじおと」。
伊集院光とらじおとロゴ0301~

「伊集院光とらじおとゲストと」

今日のゲストは、古美術鑑定家の中島誠之助さんでした。

伊集院光とらじおとゲストと0524

大学を卒業後、マグロ漁船に乗りインド洋でマグロ取りの仕事をしていたという中島誠之助さん。その後、叔父さんが古美術鑑定家をしていた事もあり、その仕事を手伝っているちに、歴史や古いものが好きだった事もあり、古美術鑑定家としての道を歩んでいく事になったそうです。若い頃からの経験上、買い物で「これは儲かった!」と思う品物は必ず損をする。自分が本当に好きな物を買うと、それに同調してくれる人が出てくるそうです。そして、1994年に始まった「開運!なんでも鑑定団」では、番組がスタートする時に、番組のスタッフが訪ねて来て、鑑定士として番組へ出演のオファーがあり、現在もメンバーとして活躍されています。

伊集院光とらじおとゲストと0524

色々な物を見てきた中島誠之助さんですが、許せない品物は、最初から人を騙そうと思って作られた物。そういう物は、約束通りに作られているので、すぐに分かる。「開運!なんでも鑑定団」で、300万円と鑑定した物が、数ヶ月経つと必ず偽物が出てくるそうです。今まで実際に見たもので、一番、凄かったのは「千利休の茶入れ」だそうです。いきなり凄い品物に出会う方が驚きがあって感動する。とにかく、自分がこれが好きだ!という気持ちが一番大切だそうです。

伊集院光とらじおとゲストと 2021年05日24日(月)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20210524100000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)