お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

ゲームで不正する「チーター」、なぜ減らない?【ホワイトハッカーに聞く】

アフター6ジャンクション

様々な文化の研究・発信・そしてさらにその先を垣間見て「聞けば世界がちょっと変わるといいな!」な特集コーナー「ビヨンド・ザ・カルチャー」、5月6日は…「不正なツールを使うゲームプレイヤー=チーターはなぜなくならないのか?サイバーセキュリティのプロ『ホワイトハッカー』に聞く」

普段ゲームをやらない人でも「チート」という言葉、耳にした人は多いと思います。「ズルして手に入れた、反則級の強さ」というようなニュアンスで使われるこの言葉ですが、もともとはゲームやコンピューターに対して不正に作用するプログラム「チート」と、それを使ってズルをする「チーター」と呼ばれる存在が目立ってきたことから一気に市民権を得た言葉なのです。

実はこのチーターのせいで、壊滅的なダメージをこうむったゲームタイトルもあるとか……許すまじ! ということで、チートとはなにか? なぜチーターが生まれてしまうのか? などを解説する特集をお届けします。 語って頂くのは、ハッキング技術を応用してネットの安全を護るセキリュティのプロ、通称「ホワイトハッカー」の、森島健斗さんでした。