お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

妖艶で不気味な世界【お勢登場】ゲスト:真琴つばささん

ラジオシアター~文学の扉

毎週日曜、夜9時からお送りしている
【ラジオシアター~文学の扉】

今週は、ゲストに元宝塚月組トップスターの歌手で女優の真琴つばささんをお迎えし、江戸川乱歩の名作「お勢登場」前篇をラジオドラマでお送りしました。

真琴さん演じるお勢は、いかにも妖艶な雰囲気が漂っており、あっという間に江戸川乱歩の世界に引っ張り込まれてしまいました。
また、格二郎と正子も演じられましたが、雰囲気の差が激しく、まるで同一人物が演じているは思えず、とても楽しませていただき、スタッフからも笑いが出るほど絶賛でした。
特に冒頭シーンのお勢のセリフ、「たしなみですよ。た・し・な・み」の言い回しで、私は心がぐっと鷲掴みにされました。

中嶋さん演じる格太郎は、娘の正子と遊んでいる時、オフの声、また最後の押し入れから出られなくなり、だんだんと苦しくなっていく声のニュアンスが全て異なり、私も感情移入してしまいました。

私が一番印象に残っているのは、娘の正子を呼ぶ声です。
とてもリアルで、情景が目に浮かぶようでした。

実は最近、私自身も江戸川乱歩さんの小説にはまっており、あの妖艶で気味悪さ漂う世界観に魅了されていました。
今回の「お勢登場」も既に拝読していましたが、改めてラジオドラマで聴くと、物語に声が乗り、キャラクターがあってとても面白かったです。

さて後半、お勢は無事帰宅し、格太郎を助ける事は出来るのでしょうか?ワクワクしますね。
来週の後篇もお楽しみに!

by 高尾美有

 

 

ピックアップ