お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

鐘の音がよく聞こえると雨?天気の言い伝えって当たるの??【気象予報士・増田雅昭解説】

ジェーン・スー 生活は踊る

毎月最初の月曜日は、天気が好きすぎる気象予報士・増田雅昭さんがご出演!

5月3日は「意外と使える?天気のことわざ・地元の言い伝え」と題してお話しいただきました。

天気に関する言い伝えやことわざ「観天望気(かんてんぼうき)」

先日、知り合いから、東京都の狛江市が出している「広報こまえ」という冊子に「小田急線の鉄橋の音がドンタクと聞こえるときは雨が降る。」と書かれていたけど本当?と聞かれました。

天気に関する言い伝えやことわざは、観天望気(かんてんぼうき)と呼ばれて、昔から行われていました。ただ、この小田急線の話など現代でも、「こういうことが起こると雨が降る」など、各地で言われています。

この小田急線の天気に関する話は、「ドンタク」と、いつもより音が鈍く聞こえるということが、ポイントなんですよね。音の伝わり方は、湿度によって変わって、湿度が高いと、こもった音に聞こえると言われます。つまり、ドンタクと聞こえるときは、湿度が高くなっている=雨のもとが増えているということです。もう一つ、小田急線の鉄橋は、狛江市の南側にあるので、そちらの音が聞こえるということは、つまり南風。南風は湿気を運んでくるので、天気が下り坂に向かいやすいんですよね。ですので、けっこう使える、現代版天気ことわざ、なんじゃないかと思います。

天気の音に関する言い伝え

音に関しての天気の言い伝えは、各地にあります!
お寺の多い、神奈川県鎌倉市周辺では「お寺の鐘がよく聞こえると雨」と言われています。南風が吹くと、お寺の北側の地域に鐘の音がよく聞こえます。南風というのは、さきほども言ったように湿気を運んできますし、低気圧が来る前に吹く風なんですね。だから、曇りや雨になりやすい。それと、雨の前は上空の気温が上がるので、それも音が遠くに届く原因になります。

音に関する天気のことわざは、世界各地にも!
有名なのが、イギリス・ロンドンの時計台、ビッグベン。ビッグベンの北側に住んでいる人が、鐘の音がよく聞こえると雨の前触れと言われます。これも、低気圧が西から近づいて、南風が吹いているから聞こえやすいわけです。反対に、ビッグベンの南側で鐘の音がよく聞こえると、晴れると言われています。南側に音がよく響くということは北風です。北風は低気圧が去ったあとの風。湿気も少ない風で、その後は晴れやすいんですね。

天気のことわざ・言い伝えに関して、現代で使えるものは?

①千葉県の一部では、こんなことが言われてます。
「飛行機雲がでっと、雨が近ぇ(飛行機雲が出ると、雨が降る)」
飛行機雲が出る=なかなか消えないということなんでしょうね。成田空港があり、飛行機雲が他の地域より多く見えるので、言われるのでしょう。空気中に湿気が少ないと乾燥していて、飛行機雲はすぐ消えます。雲がなかなか消えない=湿気が多く、雨雲が近づいている場合が多いんですね。もちろん、千葉県以外でも当てはまります。

②東京周辺の天気の言い伝え「朝、富士山がくっきり見えたら晴れ」と言われています。
元々は、「朝富士に夕筑波」という言い伝えです。以前も一度ご紹介しましたが、朝、富士山が見えたらその日は晴れ、夕方に筑波山が見えたら翌日は晴れと言う意味。昔は、高い建物とかがなく、遠くの山もよく見えたんでしょうね。湿気が少ないと、遠くの山がクリアに見えます。湿気が少ない=その後も晴れるというわけですね。

気になる的中率は・・・

社団法人関東小型船 安全協会が調査した2001年のデータによると、「夕焼けは晴れ」…的中率66% 「アマガエルが鳴くと雨」…的中率66%。まぁ、これだったら、僕たち現代の天気予報のほうが当たってますね。

さきほどお伝えした「鐘の音がよく聞こえると雨」…的中率80%、なかなか良い!ただ、我々の現代の天気予報の的中率は、翌日の天気で80%台後半なので、まだまだこれだったら、我々のほうが勝ってます!

続いて、「夕虹は晴れ」(夕方に虹が出ると翌日は晴れ)…的中率84%!
ここまで来ると、なかなか我々の良いライバル!

この天気のことわざの調査のなかで、最も的中率が良かったのが、

「阿蘇山の煙、西になびけば雨、南になびけば晴れ」

これは熊本県の観天望気なんですが、これがなんと、的中率90%!たしかに、上空数千メートルの煙が西になびくということは東風。東風=低気圧が西から近づく時の風…雨が降る。煙が南になびく…つまり上空が北風=低気圧が東へ去る=晴れ、というわけですね。増田さん、観天望気に敗北か!と思いきや、東京周辺でこんな煙が出ている山はない!のでセーフです。関東では負けてない!
ちなみに…山の煙の代わりに、風になびきやすい空高い所の薄い雲が参考になります。北→南になびいていたら、上空は北風で晴れることが多く、南から北、東から西になびいていると、雨が近づいている可能性があります。これは使えると思いますよ。

皆さんの地域でも、探せば使える現代版天気ことわざは、おそらくあるはずです。
けっこう当たるんですよ自慢ができそうな、天気のことわざ・言い伝えがあれば、ぜひ番組まで教えてください!

増田さんへの疑問・質問を大募集!

さて、このコーナーでは、お天気にまつわる質問を募集しています。
どんな些細な疑問でも構いませんので、みなさんが、増田さんに訊いてみたいこと、気軽にお寄せください!
宛先は、番組メールアドレス⦅ so@tbs.co.jp ⦆、件名に「増田さんへの質問」と書いて、送ってくださいね♪

ピックアップ