お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

水木しげるロードに次ぐ!おさかなロード??

檀れい 今日の1ページ

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。今朝は、鳥取には、いろんなお魚が並んでいる「道」について、リスナーさんが教えてくださいました!さあ、どんな道なのでしょうか、お楽しみに!

鳥取県境港市といえば、水木しげるロードが有名ですが、最近は、その近くにある、「おさかなロード」も注目を浴びているんだそうです!ブリやタイなど、精巧に作られた魚のオブジェが飾られ、どれも本物そっくりで、子どもから大人まで楽しめます。現在27基あり、将来的な目標は50基と言われています。

境港は、全国有数の漁業基地。街を訪れた方が、おいしいお魚を買って帰る、というお話は聞きますが、見て楽しむこともできるんですね。早速写真を見てみたのですが、これはびっくり!想像してたより ずっと、リアル!

境港の漁業は、漁の種類が多彩。さまざまな魚介類がたくさん水揚げされます。また、現地加工も盛んで、冷凍食品や練り物も、たくさん生産されています。そんな境港の魚のオブジェは、地元の皆さんから成る「元気みなと商店街」が設置を進めているもの。オブジェを制作しているのは、地元の工芸作家さんです。実際の魚介類を使って型をとり、錫を流しこんで作るそうです。

オブジェはすべて、境港で水揚げされている魚介類で、飛行機のように飛ぶ「トビウオ」たち、背中の模様が美しい「マサバ」、体長90センチの「タチウオ」など、実物の大きさで再現されています。

境港は、カニが有名ですが、おさかなロードには、松葉ガニ、ベニズワイガニ、サワガニなどいろいろなカニがいます。2019年に設置されたのは「親ガニ」というオブジェ。「親ガニって何かしら?」と思ったら、鳥取では、ズワイガニの雄を「松葉がに」、雌を「親ガニ」と呼んでいるそうです。

境港駅から「水木しげるロード」を歩き、アーケードを通りすぎると、「おさかなロード」がはじまります。妖怪見物のあとは、お魚見物を・・・ということなんでしょうね。目標50基のオブジェ、次はどんなお魚が再現されるのか、注目していたいと思います


ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。