お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【2021/04/18】「ミラクル・サイクル・ライフ」ジャケットスタイル時のシャツは?サイクリストのファッションの悩みをファッションアナリストの山田耕史さんに訊きました

ミラクル・サイクル・ライフ

石井正則(七代目自転車名人)と疋田智がいろんな角度から自転車の魅力を発信する
TBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」(毎週日曜日18時30分~19時)
今週の「ポイント オブ サイクルトーク」はこちら!

先週に引き続きファッションアナリストの山田耕史さんをお迎えしました。
「自転車乗りにもぴったり!」と石井さんも絶賛するワークマンスーツの開発に携われた山田さん。
ワークマンとコラボされるきっかけも自転車だったそうです。
「冬場のつま先の冷え防止に使える靴下はないか?」と探していたところ、インターネットで「ワークマンの靴下がいい」との情報をキャッチ。
その良さをブログで紹介したところ、担当者から連絡があり、現在に至るそうです。
今回のメインテーマは「目指せ! おしゃれサイクリスト」。
まずは石井さんから「自転車に乗るときに合わせるオススメのヘルメットは?」との質問が飛び出しました。
「ヘルメットは機能性を重視。おしゃれを追い求めても100点は取れない。それなら機能に重きをおいたほうがいいのでは」というのが山田さんの回答。
石井さん、疋田さんも納得の様子でした。
続いては「自転車に合うシャツ」。
山田さんはその場で着ていたシャツをすすめてくれました。
10年ほど前に購入したアウトドアブラン・コロンビアの製品。
一見、ふつうのシャツに見えますが、ベンチレーションが施されており、通気性に優れた作りになっていました。
もともとはフィッシング用のシャツのため、ポケットもたくさん。そういう点もサイクリスト向きといえるのではないでしょうか。
石井さんの情報によると、今、釣り用ファッションが若い世代に注目されていて、釣り好きのおじさんが着るようなベストを身につける若者が増えているのだそうです。
「中高年のサイクリストは圧倒的にサイクルジャージを着ている人が多い。それもいいけど自分らしいファッションを見つけるにも楽しいかも」と疋田さん。
ぜひ、みなさんもご参考にしてください。
詳しくは音声でお楽しみください。

番組ではメールを募集中です。
自分の身の回りで起きた自転車のニュース「マイ自転車ニュース」、
サイクリストなら誰もが感じてしまう「サイクリストあるある」、
自転車に乗っているときに、頭の中でつい流れてしまう曲「自転車脳内BGM」、
cycle-r@tbs.co.jp までお送りください!