お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

せきしろ『ガッツポーズは人生で一度もしたことが無い。』

アシタノカレッジ

〈エトセトラ学部〉としてお送りした金曜日。
作家・俳人のせきしろさんをお迎えしました。

せきしろさんは、どんな待ち合わせにも早めに行くそうなんですが、誰かに早めに来たと思われたくなくて、いつも待ち合わせ時間ギリギリまで周辺で時間を潰しているんだとか…。今回も21時頃には赤坂に到着し、外のベンチで時間を潰してからTBSに来局されました(驚)!

現在、最新エッセイ集『その落とし物は誰かの形見かもしれない』が発売中。今作では、東京の街で見かけた落とし物を写真に撮って、そこから妄想を膨らませたエッセイとなっています。写真に撮り始めたのはスマートフォンを持ち始めてからだそうですが、元々落とし物には注目していて、そこにあるものじゃないものがあるという違和感が好きなのかもと仰っていました。ただ、落とし物に触ってしまうと想像を超えてしまうので、絶対に触らないようにしているんだそうです。

また、地方都市が好きなせきしろさん。地方に行った際は群がっている中高生を見て、関係性などを想像するのがお好きということで、砂鉄さんも共感!せきしろさんは、お祭りの入り口で中高生のグループを見て関係性を想像することを、砂鉄さんは、地元民しか行かないような神社の年越しに行き、さも地元民かのような振る舞いをすることをお互いに勧め合っていました(笑)。

最後には、せきしろさんが最初に出されたエッセイ本『去年ルノワールで』から、ルノアールで出されるお茶問題について。せきしろさんはお茶が出されたら出ていけ派なのか、まだ居てもいい派なのか??

気になる結果はラジコのタイムフリーで是非!番組終了後、1週間後まで聞くことが出来ます。

アシタノカレッジ 04月16日放送分http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20210416220000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

また、TBS公式YouTubeチャンネルでは、生放送の様子を配信した動画もアーカイブ中!


【偉人伝 by 川口技研】

今月、番組内ではオーディオムービーの最新作「偉人伝 by 川口技研」を4週にわたってご紹介します!

「偉人伝by川口技研」は、明治以降、日本の近代化に大きく貢献した偉人たちの奮闘を高品質の音声ドラマで描いた作品。

扱う偉人は、北里柴三郎渋沢栄一。それぞれ苦悩をどう乗り越えたのか。

彼らの実像を理解するとともに、語りとAudioMovieによる没入感で、「偉人になったつもり」で聴くことができる。

そんな史実をもとにしたフィクションになっています。

朗読部分は、007シリーズのジェームス・ボンド役でも有名な、若山弦蔵さんがご担当です!

「偉人伝by川口技研」は、Apple Podcast Spotifyなどの音声配信サービスや、オーディオムービー公式サイトから、無料で聴くことができます!


番組では、みなさんからのメッセージをお待ちしています!

◇メール:ashitano@tbs.co.jp
◇FAX:03-5562-0954
◇Instagram:ashitanocollege

◇Twitter:@AshitanoCollege