お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

所謂「ホームズ」ヲタク、「シャーロッキアン」ってどんな活動してる?

アフター6ジャンクション

様々な文化の研究・発信・そしてさらにその先を垣間見て「聞けば世界がちょっと変わるといいな!」な特集コーナー「ビヨンド・ザ・カルチャー」、4月15日は…「劇場版・名探偵コナン最新作 公開記念!? シャーロック・ホームズの愛好家集団“シャーロッキアン”の活動とは? by ホームズ研究家・北原尚彦」

コナン・ドイル作、1887年、イギリスで出版された探偵小説界の金字塔「シャーロック・ホームズ」シリーズ。今なおドラマや映画が作られ、世界中に存在する熱狂的なファンたちは「シャーロッキアン」と呼ばれ、独自のコミュニティを形成し、今もシャーロック・ホームズに関する研究や活動を行なっている。では一体、その活動って具体的には? どんな歴史を辿ってきた? 海外ではどんなことしているの? など「シャーロッキアン」の詳しい実態に迫る特集。日本シャーロック・ホームズ・クラブの会員、北原尚彦さんに伺いました(ちなみにタイトルには入っていますが本編のコナン君要素は全体の7%程度です)。