お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

早ければ今年中!?民間による初の宇宙飛行が実現するかも?

アシタノカレッジ

今日は「アシタノネイチャー学部」!
【世界初の有人宇宙飛行から60周年!民間初の宇宙旅行と課題を考える!】と題してお送りしました!

宇宙回のアシタノカレッジではおなじみ!
宇宙開発や天文学における最新ニュースから歴史まで、
宇宙にまつわる様々な出来事や、テレビ・ラジオ、新聞での解説多数。
宇宙開発評論家、ジャーナリストの「鳥嶋 真也」さんをゲスト講師にお迎えしました。

人類初の有人宇宙飛行としてボストーク1号に単身搭乗した「ガガーリン」。

旧ソ連の軍人でもともとはパイロット。
人工衛星「ボストーク1号」の中は非常に狭く、ガガーリンも小柄な方だったそうです。
不慮の事故で亡くなってしまったが…原因がいまだに判明していません。

そんなガガーリンが宇宙飛行をしてから60年。
現在の宇宙技術は、どこまできているのでしょうか?

民間宇宙企業代表だと、
起業家のイーロン・マスク氏が率いる宇宙開発ベンチャー「スペースX(クルードラゴン)」
他には、アクシアム・スペース、ブルー・オリジン、Rocket Lab、
ヴァージン・ギャラクティックなどがあります。

早ければ今年中に民間による初の宇宙飛行が実現する可能性があるそうです!

宇宙開発が進むことで、良いこともありますが、その逆もあります。
今から考えないといけないことは「デブリ」という「宇宙ゴミ問題」。

宇宙開発が栄える=今後デブリ問題が増えるということ!

議論として、宇宙の交通整理をしないといけません。
宇宙のデブリ除去について誰が(どの国が)お金を払うのか?という問題もあります。

環境省はデブリ問題に力をいれていて、デブリの除去技術は日本が世界トップレベルなんだそうです。

★ワールドコーリングはヒューストン在住6年、現地で音楽教室を運営している「Misaki」さんと繋いで「NASAのジョンソン宇宙センター」について伺いました!

聞き逃した方は、ラジコのタイムフリーでお聞きください!

4月14日放送分アシタノカレッジhttps://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20210414220004″>タイムフリーで聴くタイムフリーで聴く

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

Youtubeでもアーカイブを配信中!

【滋慶学園プレゼンツ あなたの夢は何ですか?】

本日のゲストはANA福岡空港株式会社グランドスタッフの梅木結衣さんでした!

 


番組では、みなさんからのメッセージをお待ちしています!

メール:ashitano@tbs.co.jp
FAX:03-5562-0954
Instagram:ashitanocollege

Twitter:@AshitanoCollege