お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


「知っていると通ぶれる! 修善寺グルメベスト3」

共立リゾートpresents 〜新たな発見を綴る〜旅ノオト

毎月、旅で行きたい観光地をピックアップして意外な歴史や絶品グルメ、話題のスポットなどを紹介する「旅ノオト」。今月は静岡県の「伊豆・修善寺」です。

 

今回は伊豆生まれ、伊豆育ちの生粋の伊豆っ子で、伊豆を愛するライターの長谷川彩花(はせがわさいか)さんに「知っていると通ぶれる!修善寺のグルメベスト3」を紹介していただきました。

 

1つ目は、めし屋みづの「花車弁当」。

色とりどりな季節の野菜をふんだんに使ったヘルシーなお弁当で、旅の女子に大人気のランチメニューです。型押しされた白米、黒米、五穀米はおかわりもOK! レトロな店内で食べるとタイムスリップしたような気分になれますよ。

 

2つ目は、修善寺プリン工房の「修善寺プリン」。

温泉街の中央を流れる桂川沿いの散策道、竹林の小径をイメージした竹の容器に入ったプリンで、かわいいニワトリのロゴが入っています。

ノーマルの修善寺プリンと静岡産のお茶を使った抹茶プリンが定番の品で、

黒蜜とカラメル、2つのシロップが選べます。

スタジオに用意されたプリンを食べた本仮屋さんはひと言

「お゛い゛し゛い゛~」(笑)

有村さんは「まずはそのまま食べて、途中でシロップをかけて味変を楽しむ」食べ方を発見するなど、2人にも大好評でした。

3つ目は、武士(たけし)の「あじ寿司」。

伊豆箱根鉄道・修善寺駅の名物駅弁で、2代目のご主人と奥さん、おばあちゃんの家族3人で丁寧に手づくりしています。

酢で軽くしめた伊豆の地アジを酢飯の上にふんだんに並べた豪快なお弁当で、

酢飯の上に乗った伊豆・松崎の桜葉漬が絶妙なアクセントになっています。

「知っていると通ぶれる!修善寺グルメベスト3」。

伊豆・修善寺へ行ったら全部食べてみたいですね!