お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【放送後記 4月12日放送分】「はやぶさ2」プロジェクトマネージャ 津田雄一さん▼祭nine.神田陸人さん&喜入友浩「受験お悩み相談2」▼石井大裕×美空(TBSラジオ ・月曜21時~)

TOMAS presents High School a Go Go!!

TBSラジオ
TOMAS presents High School a Go Go!!』(毎週・月曜夜9時~9時30分)

「High School a Go Go!!」は、「学校」を取りまく
いろいろな話題にスポットを当てて、高校生の興味ある話題や悩み、
そして疑問などを直撃取材する「高校生活応援プログラム」です。
ハイスクール・ア・ゴー・ゴー、通称「ハイゴー」です。

▼メインパーソナリティ:TBSアナウンサー・石井大裕

石井大裕

▼2021年4月12日(月) 放送後記

スタジオは、高校1年生の美空(みく)さんとお送りしました。


 

<高校生の主張>

2月に続いての実施、特別企画「受験お悩み相談」です。

番組をお聴きの皆さんからお送りいただいた、

受験や普段の勉強法、学習計画、高校生活の過ごし方など

様々な質問にお答えする企画です。

たくさんの質問をお寄せ下さり、ありがとうございました。

回答者は、愛知県内の難関理系国立大学に在学中、

人気エンタテインメントグループ「祭nine.」の神田陸人さんと、

東京大学教育学部卒業、この番組のレポーターも務めている

TBSアナウンサーの喜入友浩です。

聞き手は、高校1年生の美空さんが務めました。

 


神田陸人さん

静岡県在住、高校3年生、ラジオネーム「約束のネバー納豆」さん

「大学受験に向けた一年間の勉強の計画を立てたいのですが、どうすれば良いのでしょうか。無理なく、かつ効率的な勉強計画はありますか」
回答
神田陸人さん「僕が大事だと思うのは、現在地とゴールまでの距離を正確に測ることではないでしょうか。早めに模試や、去年の共通テストの内容を受けて、『あと何点欲しいから、古文のこの分野を頑張る』などといった具体的な勉強内容を決めたほうが、一年間頑張れると思うので、早めに過去問などを学習することをおすすめします」

 

 

福島県在住、高校3年生、「ラジオ大好き」さん

「お2人は、受験した全ての大学のキャンパス見学をしましたか」
回答
神田陸人さん「僕は正直、本命の一か所しか行っていないです。時間がもったいなくて、できれば勉強に使いたかったからです。でも、これは失敗だったと思いますね。やっぱり、受験をする時は、初めて学校(大学)を見ると迷子などにもなりますし、精神的に、より追い込まれる状況になってしまうのでキャンパス見学はしておいた方が良いと思います」
喜入友浩アナウンサー「私は、確か、前日に試験会場を見学が出来る時間がありました。お手洗いの場所だったり、入口などを事前に見学しました。確か、『これぐらいの受験番号の人は、この校舎で受けますよ』というのを、大学によってはオープンにしてくれていたので、それを見に行った覚えはあります。例えば福岡から東京の大学に受験に行く時に、2日前に東京に入って、前日に見学に行くといったことをやっていました。試験でパフォーマンスを良くするために見学をするという方法と、もう一つはモチベーションを上げるための見学で、自分が第一志望だと思っていた大学の雰囲気よりも、第二志望の方が意外と自分に合っていそうだなという発見もありますね」

 

<なんでも課外授業>

「学校ではあまり教えてもらわないかもしれないこと」を

ゲストを招いて色々と教えてもらうコーナー。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙科学研究所の教授で、

「はやぶさ2」プロジェクトマネージャの、

津田雄一(つだ・ゆういち)さんを迎えました。


 

津田雄一さん

1975年、広島県生まれ。小学生の時、フロリダのケネディ宇宙センターを見学したことで宇宙に興味を抱きました。東京大学工学部航空宇宙工学科を卒業後、東京大学大学院の工学系研究科航空宇宙工学専攻の博士課程を修了。その後、アメリカのミシガン大学やコロラド大学・ボルダー校の客員研究員を歴任されました。2010年より、小惑星探査機「はやぶさ2」のプロジェクトエンジニアとして開発を主導、2015年には、JAXAとしては、史上最年少となるプロジェクトマネージャに就任。そして、去年12月6日、小惑星「リュウグウ」にてサンプルを採取し、「はやぶさ2」から切り離されたカプセルが、およそ6年間の宇宙航海の末に、地球に届けられました。

石井大裕アナウンサー
「はやぶさ2」の帰還に大変に感動しました。改めて、その時の状況を説明していただけますでしょうか
津田雄一さん
地球に帰還したのは去年の12月6日、土曜日の深夜から日曜日かけてで、夜中でしたけれども、けっこう多くの方に夜更かしをして、見ていただけたのではないでしょうか。「はやぶさ2」はカプセルの部分だけを切り離して、それがオーストラリアの上空に大気圏突入して、オーストラリアの砂漠に帰還しました。そのカプセルはすぐに回収され、日本に空輸されて、今、神奈川県相模原市にある宇宙航空研究開発機構の研究所で、「りゅうぐう」のかけらの研究活動がすでに始まっています。「はやぶさ2」のプロジェクトは、ひとことで言うと「小惑星サンプルリターンミッション」と言います。サンプルというのは小惑星のかけらです。それを持ち帰します。これまで行ったことが無い天体に行き、そこの物質を地球に持ち帰ってきて、それを地球の大勢の研究者に研究してもらうということで、その「持ち帰るためのミッション」です


リモートでインタビューを行いました

    

石井大裕アナウンサー
津田さんの核となる仕事は、どんなことですか
津田雄一さん
プロジェクトマネージャという仕事は、この「はやぶさ2」という探査機のチームのリーダーです。はやぶさ2飛ばすためにはいろいろなことをやらなければいけないのですが、最終的に星のかけらをきちんと取って、計画通りに地球に帰還して、地球に帰ってきた後は、それがしっかりと研究者の手に渡るまで、りゅうぐううの成分を調べるなど、全体をコーディネートする役割です

 

番組は、下記のバナーをクリックして、
radikoのタイムフリーでお聴きください!
放送後1週間以内、聴くことが出来ます!

『HighSchool a GOGO!!を聴いてみる』http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20210412210000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

※番組では、取材に来てほしい高校、呼んでほしいゲスト、取り上げてほしいテーマ、
スタジオに遊びに来たい高校生などを募集しています。

▼番組では毎回、エンディングで、「奨学金」と題して、コンビニエンスストアやレストランなど、いろいろなお店で使用できる、なんと「1万円分」のクオカードが当る放課後クイズをお送りしています。radikoのタイムフリーで聴いて、ぜひぜひ、ご応募くださいね!

■すべての宛て先は
メールアドレス:higo@tbs.co.jp

 

今回も「受験お悩み相談」に、
たくさんの質問をお寄せいただきまして、
ありがとうございました。
神田陸人さん、喜入友浩アナウンサーの2人が
今回も真剣にお答えしました。
このコーナーの司会は、今回も美空さん!
素晴らしい「仕切り」でした。
皆さんからの質問、今後もお待ちしています。

「いつもとは違う日常」が続いていますね。
いろいろと戸惑うことが多いですが、
手洗いやうがいなどの感染防止策をとりながら
少しでも充実した毎日を送ってくださいね。
番組も、収録や取材において、
万全の対策をとってまいります。
これからもよろしくお願いいたします。

===============================
TOMAS presents High School a Go Go!!」
TBSラジオで毎週・月曜夜9時から放送!
番組ではインスタグラムでも発信中
*また、ツイッターも発信中。#higo954
*ラジオはFM90.5/AM954
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================