お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【2021/04/11】「ミラクル・サイクル・ライフ」サイクリストにもバッチリ!なワークマンのスーツの共同開発者・ファッションアナリストの山田耕史さんをお迎えしました

ミラクル・サイクル・ライフ

石井正則(七代目自転車名人)と疋田智がいろんな角度から自転車の魅力を発信する
TBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」(毎週日曜日18時30分~19時)
今週の「ポイント オブ サイクルトーク」はこちら!

3月のOAで石井さんから「ワークマンのセットアップを買ってみたら自転車にぴったりだった」という報告がありました。
今回のゲストは、そのワークマンスーツの開発者のお1人、ファッションアナリストの山田耕史さんです。
山田さんは1980年、兵庫県神戸市のお生まれ。
大学をご卒業後、パリに創設された世界最古のファッション専門教育機関の日本校、エスモードジャポン大阪校に入学され、のちに、エスモードパリに留学。
帰国後はファッションデザインコンサルティング会社などを経られて、現在フリーとして活動されています。
新しいものが好きで、常にアンテナを張っている石井さんがある日、ワークマンスーツの情報をキャッチ。
買ったすぐ後、番組収録にその格好で来てくれて、疋田さんやスタッフに「伸びる素材が使われていて動きやすい!」「風がよく通るので涼しい!」「リバーシブルでおしゃれ」など、興奮ポイントをいくつも聞かせてくれました。
こう聞くと、サイクリストのために開発されたように思えますが、ワークマンのメインアイテムは作業服。
ワークマンスーツも、建築現場で働く方たちの「建築作業にも、商談にも合うスーツがほしい」というニーズにこたえる形で誕生したそうです。
山田さんは機能面ではなくデザイン面をプロデュース。
「とにかくシンプルなデザインにする」を念頭に置いたと語ります。
「機能は素晴らしいけど、普段使いとして着るにはどうか?」というものではなく、機能も素晴らしく、その上で誰でも似合う、誰にでも着やすいデザインを追求。
そんな山田さんご自身もサイクリスト。
会社員時代は片道20kmを毎日ロードバイクで通勤していたそうです。
詳しくは音声でお楽しみください。

番組ではメールを募集中です。
自分の身の回りで起きた自転車のニュース「マイ自転車ニュース」、
サイクリストなら誰もが感じてしまう「サイクリストあるある」、
自転車に乗っているときに、頭の中でつい流れてしまう曲「自転車脳内BGM」、
cycle-r@tbs.co.jp までお送りください!