お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

餃子の食べ比べができる街!

檀れい 今日の1ページ

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。今日は、とある餃子をご紹介しました!

とある餃子というのは・・・「浜松餃子!」
みなさん、いただいたことはありますか??
浜松餃子学会によれば、その定義は、『浜松市内で製造されていること』。
そして、作る人が、『3年以上浜松に在住していること』だそうです。

餃子の個性を左右するのは、餡の材料ですが、浜松餃子の場合は、「キャベツ」「玉ねぎ」「豚肉」。この三つの生産が地元で盛んだったため、それがそのまま、餡に使われるようになったようです。キャベツとタマネギの甘みと、豚肉のコクが、相性ばつぐん!と言われています。

また、餃子の上に「茹でもやし」を乗せるお店も多いというのも、特徴のひとつ。餃子の脂っこさが、この茹でもやしでやわらぎ、お箸が進むそうです。食べやすいという点も、餃子の消費量の多さと、関係があるのかもしれませんね。

そして、浜松餃子には、思わず食べ比べをしたくなるような、重要アイテムがありました。それは、調味料。多くのお店が、オリジナルのタレやラー油を使っているんです。酢と醤油の比率にこだわったタレ、粗びき唐辛子を使ったラー油、など、お店ごとに、自慢の調味料があるようです。こうした調味料は、お店で使えるだけでなく、購入できるところもあります。素材にこだわった調味料は、餃子以外にも使用可能。浜松土産としても、喜ばれそうです。

餃子の食べ比べができる街、羨ましいですね!


ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。