お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

アンコーこと斉藤安弘さん深夜ラジオ黎明期を語る「私の財産は未だにいる友達のリスナー」

伊集院光とらじおと

毎週月曜日~木曜日、朝8時30分からお送りしているTBSラジオ「伊集院光とらじおと」

伊集院光とらじおとロゴ0301~

「伊集院光とらじおとゲストと」

4月7日(水)のゲストは、元ニッポン放送のアナウンサー斉藤安弘さんでした。

▼番組ホストはいったい誰?
登場するや否やスタジオの状況描写から始まり、おもむろにジャケットを脱いだと思いきや、自らのネクタイの話から、きょう伊集院光に会うまでのイメージを話したと思ったら、伊集院光に根ほり葉ほりインタビュー。流れるようなトークで一気にスタジオはアンコーさんがホストの空気感に。これぞ「オールナイトニッポンの初代パーソナリティ」の語り。

▼深夜ラジオ黎明期の景色
ラジオの関係者の話、色々でてきます。どんな流れで、オールナイトニッポンが始まったのか。どのようにそれぞれのパーソナリティの喋り方、スタイルが出来上がってきたのか。ラジオの偉人が多くいる中、本職アナウンサーのアンコーさんが、自分のスタイルを作っていったのか。

▼オープニングの謳い文句
番組冒頭ビタースイートサンバに合わせた謳い文句がありました。リスナーからも募集した謳い文句が書かれたハガキ。スタジオにお持ちくださり「とてもじゃないけど捨てられない」と語ります。送ってくれたみんなは存命なのか?そうじゃないのか?幸せなのか?そうじゃないのか?そんな思いを馳せながら。

▼ラジオリスナーとの距離
「私の財産は未だにいる友達のリスナー」そして忘れられない人の一例として、サテライトスタジオの前にいつもいた「10円ちょうだいおじさん」のことも話してくれました。このおじさんは「人気のバロメーター」だったそうです。当時を経験していない人でも色鮮やかに光景が思い浮かぶかのような語り口でした。

最後は、「マイクに向かうとテンションが上がっちゃうんですよ。」「まだまだしゃべり足りない」と放った野望の内容も含めイキイキとしたアンコーさんのトークのすべては、ぜひradikoのタイムフリーで!

 

伊集院光とらじおとゲストと 2021年4月7日(水)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20210407100538

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)