お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


濡れ場の醍醐味とは……?

ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル

ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル映画『ヒメアノ〜ル』、森田剛さんの演技も良かったですし、タイトルバックが出るとこも最高でした。
刃物のサクサク感や、ラストの回想シーンなど、振り切った表現だからこそ感じる切なさは、まるで、大好きな韓国映画のようでしたね。
そして、童貞の夢と現実を詰め込んだ濡れ場も良かったと思います。
あの感じは「さんかく」を撮った吉田監督ならではだと思いますし、「みなさん、さようなら」でも素晴らしかった”日本のペッティング俳優”濱田岳さんの良さも出ていたと思います。
僕の知り合いに童貞の若い子がいるのですが、佐津川愛美さんの乳首が出てないことにメチャクチャ怒っていました。
まぁ、それぐらい童貞に自己投影させるいい濡れ場だったのでしょう。
個人的には、エロかわいさを強調し、童貞心を揺さぶるのであれば、あのぐらいのバランスで丁度良かったと思います。
僕だって、何が何でも「乳首が見たい」わけではないのです。
もし、佐津川さんが覚悟(乳首)を出すとしたら、森田に襲われた時のほうが作品のトーンからいって良かったのではないかと思ってます。
童貞を刺激し、時に童貞を突き放すのも濡れ場の醍醐味なのかもしれません。


このコラムは、TBSラジオ AM954+ FM90.5で、
毎週土曜日夜10時から2時間生放送でお送りしている
『ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル』の番組準レギュラーである、
二代目しまおまほさん(※一般の中年男性)による、 WEBでしか読めない格調高い下ネタコラム。
毎週の放送後に更新。