お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

数々の名曲を世に送り出した古関裕而さんのはなし ご長男の古関正裕さんを迎えて

サンスター 文化の泉 ラジオで語る昭和のはなし

番組のインスタグラムは、こちらからどうぞ
https://www.instagram.com/showa954905/?hl=ja

サンスター 文化の泉 ラジオで語る昭和のはなし

今回は「国民的作曲家、古関裕而さんの素顔」と題してお送りしました。

「栄冠は君に輝く」この歌とメロディを聴くだけで、夏の甲子園で
球児たちが白球を追う姿が目に浮かぶようですよね。
作曲はもちろん、古関裕而さんです。
戦前、戦中、そして戦後と大活躍され、様々なジャンルの曲を作り、
日本中に元気を与えてきた古関裕而さん。

明治42年、福島市有数の呉服店の長男として誕生。
小学生の頃から音楽を作ることに目覚め、福島商業学校時代は、
音楽に明け暮れる生活を送りました。福島県川俣町での銀行員時代、
国際作曲コンクールに入選したことで、その名が全国に知れ渡ります。

「オリンピック・マーチ」や、「栄冠は君に輝く」「長崎の鐘」など
歌謡曲や軍歌、ラジオドラマや映画の主題歌、社歌や校歌まで、
生涯で5000曲を作曲。去年は、NHK連続テレビ小説「エール」の
主人公のモデルとしても注目されました。

メイコさんもお世話になったという古関裕而さんの素顔、
ご子息の古関正裕さんにたっぷりと伺います。お楽しみに。

放送の全編は、radikoのタイムフリーでどうぞ。
放送より一週間以内、下記のバナーからお聴きいただけます。

放送の一部は「TBSラジオクラウド」でお聴きいただけます。
こちらをクリックしてください。

 サンスター文化の泉 ラジオで語る昭和のはなし 2021年3月21日(日)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20210321230000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

/div>