お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


3月21日(日)「マグノリアの季節『京王フローラルガーデンアンジェ』」(にち10おでかけリサーチ)

安住紳一郎の日曜天国

TBSラジオキャスターの楠葉絵美です。

楠葉絵美
TBSラジオキャスター。アニメ、マンガが大好き!
放送を聴いてから出かけても間に合う!オススメのスポットから生中継している「にち10 おでかけリサーチ」

▲京王フローラルガーデンアンジェ

3月21日(日)は、京王フローラルガーデンアンジェに行ってきました。京王多摩川駅の改札を出て左を向いたらすぐ入口です。

▲今から5月まで見頃

マグノリアがちょうど見頃を迎えています。マグノリア?木蓮?違いについて、支配人の栗山英行さんに教えてもらいました。

▲栗山さん

マグノリアというのが総称で、その中の木蓮やコブシと分かれるそうです。(動物でいうネコ科のチーター属とかネコ属のような感じだそう)

「サヨナラ」という品種

真っ白で綺麗に咲いているこちらはサヨナラという人気のマグノリア。

▲グレープフルーツくらいある?

アメリカ人育種家が作った品種で、大きな花びらが風に揺れるハンカチに見えるので命名したそうです。

▲花びらもこんなに大きい!

今日は雨で風も強く、花びらがたくさん落とされていました…。ひとつ拾ってみると大きい!つぼみもまさに小鳥のよう。胸のモフモフした部分も似ています。

▲立派なつぼみ

サヨナラはハクモクレンよりもひとまわり大きく、見比べたかったのですが、今年はすでにハクモクレンは終わっています。例年より10日ほど早く咲いたそうです。

▲ピンク系

ハクモクレンは終わってしまいましたが、園内には30種、200本のマグノリアが植わっています。(他、チューリップやバラ、スイレンなど含めると1200種)

▲こちらは一重のコブシ

コブシもまだ楽しめます。マグノリアは2ヶ月近くかけて順に咲いていきます。ざっくりとですが、色で分けるとまず白系のハクモクレンやコブシが咲いて…

▲コブシの八重です。印象が違います。

ピンク系へ。これからの時期、鮮やかなピンク色のガールズマグノリアなどが咲きます。そして最後に黄色系イエローバードという黄色い鳥が枝に止まっているような明るい花が楽しめます♬

今も早咲きのピンク系が綺麗に咲いてます。

これだけたくさんのマグノリアがある植物園はかなり珍しいのですが、数が少ない理由は特に無いそうです。育てにくいわけでもない。あるとすれば美味しい!こと。美味しいから鳥が食べに来ちゃうんです。つぼみが特に美味しいらしい。

▲マグノリアのつぼみは毛深い

こちらの京王フローラルガーデンアンジェは残念ながら5月いっぱいで閉園です。閉園後は調布市の再開発で何になるかはまだわかっていませんが、一部公園になるようなのでマグノリアが残ると良いなあと思っております。今月24日はお休みですが、それ以降は5月最後の日まで毎日開いています!